もう遅いなんてことない!仮想通貨投資の4つのメリット

eyecatch

仮想通貨投資の魅力ってなんでしょうか?最初に浮かぶのはもちろんアレですよね。

もちろんアレが一番の魅力ですが他にも色々な魅力がありますので紹介していこうと思います。

値動きが激しいので儲かる可能性がある

bitcoinvolatrity

上の円グラフは過去2年間のビットコインの変動率をまとめたものですが、前日比5%以上変動したのが15%もあります。

1週間に一回以上は5%以上変動する日がある計算で、上手く波に乗れれば儲かる可能性があります。もちろん損をする可能性もそれと同じだけあるのだけど。

でも、このジェットコースターみたいな相場が楽しく、ダイナミックなので仮想通貨投資にはまる人も多くいると思います。

 

MEMO

個人的には資産の100%を仮想通貨で持つのは怖すぎるので、人口知能が自動的にポートフォリオを組んで債券や株、金、不動産などに投資してくれるwealthnaviというのにも投資しています。

 

投資成績などは下記の記事で紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

Wealthnaviがいいと評判!運用実績を公開(原資35万円→42万円:積立期間約6ヶ月)

 

私は去年のゴールデンウィーク後に参戦しました。

 

きっかけは、インターネットで「リップルが33倍になりました!」という記事をみてこれは儲かりそう!!と思って仮想通貨投資を始めました。

その後、仮想通貨市場は上げ基調でずっと推移していたので7倍くらいまで増えましたが、最近の低迷で2倍くらいにまで落ち込んでしまいました。

 

でも、投資額の2倍になっているんだから私としては十分満足です。

 

仮想通貨は投資を始める時期が重要ですが、今さら始めても遅いんじゃないのか?という疑問が出てくると思います。

確かに今からビットコインが10倍に20倍になることは考えにくいですが、時価総額が低く、海外でしか取り扱ってないような通貨では激しく値上がりするものもあります。

 

下の画像はcoinmarketcapというサイトの画像ですが、一番値上がりしている通貨は一週間で29倍と爆上げしてますw

「Tattoocoin」という私もよく知らない通貨ですが、仮想通貨ではまだこのようなチャンスがあるということです。

coinmarketcap

チャンスとリスクは常に隣合わせですが、買わないことにはチャンスも何もありませんよね。

仮想通貨の種類が豊富

okanemochi

 

仮想通貨はビットコイン、リップル、イーサリアムなどの主要な通貨以外に1597種類もありそれぞれ特徴が異なります。

仮想通貨投資が楽しいのはこの中から将来成長しそうな通貨を見つけて投資することです。

 

たとえば、私も紹介しているMANAという通貨はバーチャル空間に土地を購入することができ、土地の購入はブロックチェーン技術を使って記録されるので本物の土地の登記みたいに自分の所有権を証明できます。

その土地に看板を建てたりすることで収益を受けたりすることもできたり、立地のいい土地なら将来値上がりするでしょうから高くで売れるかもしれません。

 

また、筋肉コインといわれる有名?なネタコインもあります。

開発者不明でなにに使うのかもよくわからなけど、名前とコインのマークだけでちょっと人気で雑誌で紹介されたりもしてますよね。

 

1597種類の中から自分だけのお気に入りコインを探して、ツイッターなどで押してみてら同じように注目してたよ!という人が出てきておもしろいかもしれません。

1000円からでも始められる

binbou_family

仮想通貨を始めるに当たって必要な初期投資はとくにありません。口座を開設するのもタダだし、口座を維持するのもタダです。

1000円もあれば十分始められます。

 

CMで有名やビットフライヤーでは最低取引単位が以下のように決まっています。

ビットコイン販売所では最低取引単位は0.00000001BTCです。

イーサリアム販売所では最低取引単位は0.00000001ETHです。

ビットコイン取引所・bitFlyer Lightningにおける最低取引単位は0.001BTC です。 bitFlyer LightningにおけるETH/BTCのお取引の最低取引単位は 0.01 ETHです。 価格はマーケット情報をご確認ください。

この記事を書いているときに1BTCが735,896円なので、ビットフライヤーの販売所での取引単位の0.00000001BTCは約0.007円となっています。0.007円から買えるみたいですが、0.007円なんて入金できませんけどね。

取引所での最低取引単位は0.001BTCなので約736円から取引することができます。

MEMO

販売所はユーザーが仮想通貨業者(本文ではビットフライヤー)と売買する形式です。

取引所はユーザー同士が売買する形式をいいます。

 

仮想通貨を買う場合は、取引所のほうが安く買えるので取引所で買うようにしましょう!

仮想通貨の販売所と取引所の違いを解説

本を一冊買うくらいの値段から始められるので、本を一冊買うと思って気軽に始めてもいいと思います。

24時間、365日取引ができる

仮想通貨投資は株と違って、24時間365日ずーーーっと売買することができます。

仮想通貨投資は夜でも売買できるのでサラリーマンの人とか家に帰ってから売買できるので投資しやすいのではないでしょうか。

でも、24時間取引できるので、朝起きてチャートを見たら「うそーーー!めちゃ下がってる。。。」みたいなこともよくあります。

記事の感想や質問など気軽にコメントしてください。