bitbank(ビットバンク)をおすすめする5つの理由と口座開設・新規登録方法・評判を徹底解説

bitbankの概要

bitbankはCMなどしていないので知名度はあまりありませんが、仮想通貨投資家の中では評価の高い取引所の一つです。

当サイトでも一番登録されている取引所となっています。

ざぁーっとまずはbintbankの概要をみてください。

bitbankの概要

取り扱い通貨数6種類(BTC・XRP・LTC・ETH・MONA・BCH)
新規登録に当たって必要なものメールアドレス及び運転免許証などの本人確認書類
取引の種類現物取引のみ
取引手数料メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%
入出金手数料【入金手数料】
無料
【出金手数料】
日本円:540円/756円(3万円以上)
BTC:0.001 BTC
XRP:0.15 XRP
アプリ
ソーシャル公式ツイッター
公式facebook
公式ホームページ
bitbankのメリット
  • 投資家の評価が高い
  • 手数料が安い
  • セキュリティ評価が高い
  • 貸し通貨サービスがある
bitbankのメリット
  • 販売所がない

セキュリティ評価国内 No.1

クリックしてビットバンクに無料登録する

取引量も国内 No.1

bitbankとは?

bitbankとは2014年5月に設立された日本の仮想通貨取引所です。

関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号第00004号に登録されており、みなし業者ではなく金融庁に登録されている仮想通貨交換業者です。

金融庁は仮想通貨業者に立ち入り検査したりして資産管理の安全性などをチェックしているみたいなので、みなし業者を利用するより金融庁に登録されている業者のほうが安心感はあります。

しかし、登録業者だろうが、みなし業者だろうが、ハッカーにとっては関係なく、日夜取引所から資金を盗れないか調べていると思うので、取引所に資産を預けっぱなしにするのは危険であることには変わりありません。

仮想通貨業界では取引所への過度な信頼は命取りになりかねません(; ̄Д ̄)

bitbankは2014年5月に設立されました。

bitFlyerが2014年1月9日、coincheckが2012年8月28日、Zaifが2014年6月16日なので取引業者としての経験は十分と言えます。

president

また、CEOは↑の廣末紀之さんです。

この人の経歴は以下の通りであり金融畑出身ということで少し安心感が持てます。

【経歴】

野村證券株式会社入社 ⇒ GMOインターネット株式会社 常務取締役 ⇒ 2006年株式会社ガーラ代表取締役社長 ⇒ 2014年ビットバンク株式会社を創業

bitbankの取り扱い通貨

bitbankの取り扱い通貨以下の6種類です。

コインチェックみたいに取り扱い通貨が多いわけではありませんが、主要なところは揃っているので十分な品ぞろえといえるでしょう。

リップル買いたい人は板取引のbitbankが一番安く買えると思いますよ。

また、bitbankではビットコインキャッシュをBCCと省略していますが、これはBCHと同じ通貨です。

BitcoinCashをどこで省略するかの違いだけなんですが、始めての人にしたら少し紛らわしいですよね。

セキュリティ評価国内 No.1

取引量も国内 No.1

bitbankのメリット

仮想通貨投資家の評判がいい


上の二人は仮想通貨の投資家ですが、bitbankを絶賛しています。

実際に売買されている人が言っているので信頼性が高いですね。

bitbankは少し地味な取引所ですが、業界内の評判がよく使っている人の多い取引所です。

悪い評判もあまり聞きませんしリップルが欲しい人にはおすすめの取引所となっています。

セキュリティ評価国内 No.1

クリックしてビットバンクに無料登録する

取引量も国内 No.1

bitbankは手数料が安い

bitbankは手数料が安くなっています。

以前は手数料が無料でしたが料金体系が変わり、メイカー手数料が-0.02%、テイカー手数料が0.12%となっています。

メイカーで取引をすればキャッシュバックされる仕組みになっています。

メイカーって何?という人はメイカー(Maker)とテイカー(Taker)とは?の記事を参考にして下さい。

また、他の取引所の手数料を知りたい方は「各取引所の手数料の違いまとめ」の記事を参考にしてみてください。

また、bitbankは取引所と取引する販売所形式ではなく、ユーザー同士が売買する板取引なのでアルトコインを買うなら断然板取引の取引所がおすすめです。

販売所形式で売買を繰り返し儲けるのはけっこう難しいと思います。

損をしないためにも販売所と取引所の違いを理解しておきましょう。

販売所と取引所の違いに悩む人 販売所と取引所の違いって何?損をしないためにも絶対知っておこう!

仮想通貨ニュースを扱うBTCN

bitbankとは直接関係はありませんが、BTCNはbitbankが運営している仮想通貨情報専門サイトです。

編集長のザキヤマさんは、ビットコイナー反省会によくでていて、BTCNでもインタビュー等をされています。

BTCNではその他にもニュースや相場、技術系の記事まで幅広く網羅しているので仮想通貨の勉強にいいのではないでしょうか?

セキュリティに安心感がある

すべての仮想通貨をコールドウォレットで管理

bitbankのセキュリティ方針は公式ブログの仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制についてという記事に書いてあるのですが、この記事が中々秀逸でユーザーに安心感をもたらしてくれます。

例えば、コールドウォレットの適用状況、マルチシグの適用状況について書いてくれているところですが、

securitypolicy1

 

コールドウォレットにはすべて対応、マルチシグについては一部対応となっています。

そして、いいところは次でなぜマルチシグ対応にしていないかの理由まで書いていてくれているところです。

 

リップルについては以下のように書いています。

securitypolicy2

 

はっきり言ってなにが書いてあるのかあまり理解できませんが、理由についてまで書いてくれていると安心感があります。

 

securitypolicy3

 

また、ホットウォレットには自己資産しか置いておらず、その点を金融庁に報告済みということなので、coincheckのようにホットウォレット管理をしていたためにNEMを盗まれるという可能性は少なそうです。

セキュリティレポートで国内No.1の評価

セキュリティ国内No.1の評価をもらったみたいでセキュリティ的には国内で一番安心できるのかもしれませんね。

セキュリティ担当者が優秀

こちらのビットコイナー反省会というyoutubeでbitbankのセキュリティ担当者ジョナサン・アンダーウッドさんがセキュリティについて話してくれています。

bitbankのセキュリティについて不安な人は一度見てみるといいでしょう。

貸し通貨サービスがある

bitbankも貸し通貨サービスを始めました。

貸し通貨サービスというのは一定期間仮想通貨を取引所に預けておけば利息がついて帰ってくるというものです。

銀行の定期預金みたいなものですね。

いまのところ貸し通貨サービスを利用できるのは「ビットコイン」だけですが、他の通貨へも順次サービスを拡大していくようです。

貸し通貨サービスに申し込みできるのは1BTCからみたいですね。

結構な金額ですね~。私みたいな貧乏人には関係ありませんな!

途中解約もできるみたいですが、5%解約手数料を取られるみたいです。

興味のある人は、仮想通貨を貸して増やす(bitbank公式)で詳細をみてください!

bitbank-min

スマホ対応

bitbankはスマホアプリがあるのでスマホで外出中に手軽に売買を楽しむことができます。

見た目もスッキリしていて使いやすいので快適にスマホで売買できるでしょう。

公式アプリ

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
開発元:bitbank,Inc
無料
posted withアプリーチ

bitbankのデメリット

簡単売買がない

bitbankの取引形態はすべて板取引なので、販売所形式の簡単売買みたいなのがありません。

例えばZaifなら↓みたいな簡単売買のページがありますよね。

簡単売買

ワンクリックで買えるので簡単売買はとりあえず仮想通貨を欲しいという初心者の人には便利ですが、板取引に比べ高く買わされてしまうので、仮想通貨を始めたばかりの人も板取引で売買するようにしましょう。

bitbankのキャンペーン


bitbankではキャンペーンとして毎月の合計売買金額が1億円を超えた人に、集計期間内の全取引のTaker手数料の20%をキャッシュバックするキャンペーンをしています。

1億円以上ですからほとんどの人には関係ないかもしれません。

bitbankの登録方法

bitbankの登録方法 所要時間:10分

STEP.1
公式ホームページにいく
1

登録方法はまず、bitbankの公式HPにいって、メールアドレスを入力します。

下の記事を参考にしてメールアドレスもセキュリティを高くしておいたほうがより安心です。

eyecatch 仮想通貨のメールアドレスの安全性を高めたいならGoogleの二段階認証を設定するべき!
STEP.2
メールがきているのでリンクをクリック
2

先ほど登録したメールアドレスにbitbankからメールがきているので、リンクをクリックします。

迷惑メールのフォルダに入っている場合もあるので注意しましょう。

STEP.3
パスワードを入力
3

リンクをクリックするとパスワードを求められるのでパスワードを入力して、チェックボックスをチェックして登録をクリックします。

パスワードの生成ですが、パスワードを自分で作るのはめんどくさいのでパスワード管理アプリを利用して作成するようにしましょう。

eyecatch 仮想通貨パスワードを管理するアプリ「Password 3 Lite」の使い方!
STEP.4
基本情報の入力
4

次に、ログインできたら基本情報の入力をまず行っていきましょう。

このとき、注意することは入力する氏名などの情報は日本円入金に利用する口座と同じ名義にしておきましょう。

基本情報を入力して運転免許書等の本人確認書類を提出したら次はセキュリティ設定をしていきます。

STEP.5
二段階認証の設定
5具体的には二段階認証とSMS認証です。

こちらも画面の指示に従って入力していけばすぐにできると思います。

注意
二段階認証を設定するといちいちパスワードを求められるのでめんどくさいから設定しないなどと言う人もいますが、それは絶対に危険なのでかならず二段階認証とSMS認証は設定するようにしましょう。

数日したらbitbankからハガキが届くので口座の有効化もしておきましょう。

bitbankでのリップルの買い方と売り方

bitbankはユーザー同士で板を並べて売買しあう板取引所のため、販売所のようにボタン一つで簡単に買えるわけではありません。

注文が並んだ板を見ながら価格と数量を指定して注文を出す必要があります。

といってもまったく難しくありません。最初は少額で試してみて何回かにわけて買いたい量の仮想通貨を買いましょう。

具体的な注文方法は下の記事を参考にしてください。

セキュリティ評価国内 No.1

取引量も国内 No.1