【12/28までキャンペーン中】BITPointで最大5,000円のBTCがもらえる

草コインもある日本の取引所「Zaif(ザイフ)」を紹介!

草コインもあるZaif

新米くん

日本の取引所で草コインを扱っている取引所ってないんですか? 海外の取引所は少しハードルが高いように感じてしまって。。。
草コインの定義にもよるが時価総額が低いものという意味では扱っている取引所はあるぞ。

神様

新米くん

えっ!どこなんですか? 日本の取引所で草コインを触ってみてそれから海外の取引所に挑戦してみます。
Zaifという取引所じゃ。 Zaifは時価総額に低い仮想通貨も扱っておるから一度見てみるといいじゃろう。

神様

草コインってなに?

草コインに明確な定義はないみたいですが、一般に言われているのは

  • 時価総額が低い
  • ほとんど開発されておらず実体がない
  • 用途もよくわからず技術的にも特に優れていない

のうちどれかに当てはまるコインをいいます。仮想通貨のほとんどのコインは草コインだなんて言う人もけっこういますよね。

そんな草コインですが、そもそもの由来はクソみたいなコイン、「クソコイン」にあるそうです。

みんなよくわからないコインについて「これはクソみたいなコイン、クソコインだな!」と言っていたみたいですが、田中さんという方が「クソコイン」はちょっと汚いから笑ってしまうようなコイン「草コイン」にしたらいいんじゃないと言って草コインが定着したみたいです。(諸説あると思いますが。)

なにが草コインかはあいまいだけど、この記事では「草コイン=時価総額の低いもの」として紹介していくよ!

なぐ

Zaif(ザイフ)で取り扱う草コイン

草コインを買おうと思って検索したら「バイナンス」とか「コインエクスチェンジ」とか「kucoin」とか海外の取引所を紹介されている人が多いと思います。

確かに海外の取引所はたくさんある上に扱っているコインの種類も豊富なので一攫千金みたいなコインもあります。

一方、日本の取引所はどちらかといえばしっかり開発もされてて怪しくないコインを扱っているとろころが多いですよね。

そのせいでどこの取引所もほとんど同じようなコインを取り扱っています。

しかし、日本の取引所の中でも「Zaif」だけは少し違います。

Zaifはトークンというものも扱っています。

トークンと仮想通貨の違いは簡単に言うとトークンというは発行主体のある通貨で、一般に仮想通貨と言われるものは発行主体がありません。

トークンを草コインといえるかどうかわかりませんが、時価総額が低いという意味ではまだまだ成長の可能性があるので投資(投機?)の余地があります。

では、Zaifで取り扱っている草コインを見て行きましょう。

 ザイフの草コイン1
ザイフの草コイン2

Zaifで取り扱っているトークンは上の画像のとおりです。(JPYZはほぼ1円に固定されるようになっているので除外しました。)

この中でコインマーケットキャップにランキングされているのは、

  • XCP ⇒ 278位
  • BCY ⇒ 596位
  • SJCX ⇒ 1589位
  • PEPECASH ⇒ 394位
  • CMS[ETH] ⇒ 1513位
  • CMS[XEM] ⇒ 1518位

となっておりランキングも100位以下ばかりです。その他のトークンはコインマーケットキャップのリストにも入っていませんでした。

上のトークンの使い道は以下の通りです。

  • XCPはXCPを使って独自の仮想通貨を発行できる
  • BCY(Bitcrystals)はSpell of Genesisというトレーディングカードゲーム内で使える。
  • SJCXはクラウドストレージサービスの提供を目的としたもの。
  • PEPECASHはデジタルカードを購入するためのもの
  • CMS(COMSA)はCOMSAというICOプラットフォーム上で使われるトークン

すべてのトークンに使い道がありますが、CMSなどは最近国内では行き詰っている感じがしますし、時価総額はいずれもかなり低くなってますね。

草コインを買う場合の注意点

草コイン(今回はXCPとPEPE)の買い方の注意点をビットコインのチャートと比較しつついきましょう。

ビットコインのチャート

BTC

XCPのチャート

xcp

PEPEのチャート

pepe

3つのチャートを比較するとよくわかるのですが、一番上のビットコインのチャートは8月くらいから徐々にあがってるのに対して、XCPとPEPEのチャートは急激に上がってその後下がっていっています。

チャートの形成した三角形を見ると、ビットコインは裾野が割と広い三角形ですが、XCPとPEPEは急激な三角形になっていますよね。

ビットコインに比べXCPとPEPEは時価総額が低いので少し買いが入っただけですぐに上がりますが、上がるのが早いぶん下がるのも早くなっています。

俗に言う「イナゴタワー」というやつが形成されやすいですね。

ですので草コインをZaifで買う場合は上がってから追っかけて買うのではなく、だれも見向きもしないときにお金を少量だけ入れて待っておくのがいいと思います。

今なんか割といいかもしれませんね。「仮想通貨は終わった」みたいな雰囲気漂ってますもんね。

そして、少量お金を入れて待っていてあがったらあまり欲張らず高値で売り抜ける必要があります。

もっと高値で売りたいと思って欲張り上がりきるのを待っていると今度は売るチャンスを逃してしまうなんてことにもなりかねません。

上がっているときに雰囲気を見て売るのは自分の欲が出てきて難しくなるので、買う前にこれぐらいまで上がったら売るという基準を決めておいたほうがいいかもしれませんね。

上がったらあまり欲張りすぎずに売るこれがけっこう大事です。

今は仮想通貨市場が低迷しているので買うのに勇気がいりますが、こういう時ほど仕込み時かもしれませんね。

新米くん

欲張り過ぎちゃダメなんですね!

さいごに

時価総額の低いあまり話題にされないコインを買うのは少し勇気がいるかもしれませんが、その分上がったら大きいので自分の中での少し金額でいいので草コインに投資してみましょう。

その際はリスクを分散させるために色んな銘柄の草コインを買う、ちょっとずつ買い増ししていくことも忘れずにしてくださいね。

記事の感想や質問など気軽にコメントしてください。

CAPTCHA