【感想】ホリエモン著「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」のレビュー

これからを稼ごう

「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」は2018年6月30日に発行された本で、堀江貴文さん(ホリエモン)が執筆されています。

本の最初のページにはこんな一文が添えられています。

 

いつまで君は円建てで人生を考えているんだ?

 

仮想通貨の浸透によってお金というものについてもう一度みんなが考え、お金の本質とはなんなのか、お金持ちになるとはどういうことなのか考えるきっかけになる、仮想通貨の枠内だけの話ではない内容になっています。

 

仮想通貨を持っている人や、投資をしていてお金ってなんだろうと考えている人へおすすめの一冊になっていますよ。

これからを稼ごうの魅力
  1. 過去から未来まで内容が網羅的
  2. 仮想通貨に対して前向きな言葉多い
  3. 平易な文章でサクッと読める

これからを稼ごうの目次

第1章 僕らは1000年に1度の転換期を迎えた

マウントゴックス事件で学んだこと

盗難NEMと日本銀行券

など

第2章 ビットコインと自由

初めてビットコインを知った時

ビットコインの基礎を知ろう

など

第3章 イーサリアム革命

ヴィタリック・ブテリンという異能

スマートコントラクトとは

など

第4章 国家と通貨と仮想通貨

リップル人気の理由

銀行コインと共通ポイント

など

第5章 トークンエコノミーの中で

シェアリング2.0時代

クラウドファンディングの可能性

など

これからを稼ごうで心に残った文章

テクノロジーに裏打ちされた思想

僕が仮想通貨の未来を主張してきた理由はシンプルだ。ビットコインには、テクノロジーに裏打ちされた理想と思想があった。そして僕は負の情緒よりもテクノロジーを信じる。

 

きっかけは投機でもいい

「仮想通貨は投機だ」なんて言っている人は金融の素人なのだろうと思う。金融の素人ですら触れられるような状況が作られることが、仮想通貨が次のステージにいくポイントだと思っていた。

 

ビットコインが衰退するとしたら

ビットコインなどの仮想通貨が急速に衰退していくことがあるとすれば、どんな理由が考えられるか?

答えはこうだ。

「地球が滅ぶ、とか(笑)」

 

ゲームチェンジャーが出現する

確かにICOは未整備の荒れ地だ。大半は詐欺だろうし、投資家の目的も、既存の株式市場以上に投機的だ。

でも、僕はこの荒れ地に、世界を一変させる新たなゲームチェンジャーが誕生する可能性を見ている。

 

東ドイツと衛星放送

何度でも繰り返そう。規制は決して技術に対抗できない。守る側の方が、遅い。だから、僕は新しい方に張るのだ。

感想

お金は昔は貝殻などでしたがその後金などに代わっていき、今では国の信用を裏付けとした紙幣になっています。

お金ってその時代時代によってけっこう変わってきてるんですよね。

今のお金の体制がずっと続いてきたわけじゃないし、これから先も未来永劫続くわけでもありません。

どこかで変わる時が来るのかもしれません。

それが、もしかしたら今かもしれません。

お金とは何か、お金の価値を裏付ける信用とは何か、仮想通貨はこれからの未来になにをもたらしてくれるのかそんなことを考えさせられる一冊でした。

記事の感想や質問など気軽にコメントしてください。

CAPTCHA