【初心者向け】仮想通貨のおすすめ本5選

初心者向けのおすすめ本
仮想通貨について本でまとまった知識を得たい人向けに実際に私が読んだ中から特におすすめしたい本を5冊だけ選んでみました。

どの本もおすすめですが、仮想通貨の技術的な面についてやさしく解説している本と、仮想通貨投資についてやさしく解説している本があるのであなたの知りたいことに合わせて購入を考えてみてください。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

本のボリューム:
役に立つ度  :
難易度    :

一言で説明すると

仮想通貨の技術面についてやさしく解説している入門書

「ビットコインについて最近テレビでよく聞くけどどんなものなんだろう?」と仮想通貨自体について気になっている人に読んでほしい一冊です。

ビットコインと現金や電子マネーとの違い、ブロックチェーンやビットコインの仕組みについて簡単に説明してあるので初心者でも読み通す事ができるようになっています。

本のボリュームも多すぎず少なすぎずちょうどいいぐらいで、これを読めばビットコインやブロックチェーンの仕組みについて一通り学ぶことができます。

関連記事:【感想】「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」を読んだよ。

億り人ハイパー二―トポインの仮想通貨1年生の教科書

本のボリューム:
役に立つ度  :
難易度    :

一言で説明すると

仮想通貨投資をするなら知っておきたいことがすべてつまってる

ポインさんという実際に仮想通貨に投資で億り人になった人が仮想通貨投資するなら知っておきたいことをまとめた本。

情報収集の仕方やホワイトペーパー(仮想通貨の仕様書みたいなもの)の読み方、仮想通貨投資をする際に気をつけたいことが投資家目線で書いてあるのでこれから仮想通貨投資を始めようと思っている人は読んでおいて損のない本です。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

本のボリューム:
役に立つ度  :
難易度    :

一言で説明すると

ホリエモンが仮想通貨の技術的な部分や最近のトピックをわかりやすく解説

最近のコインチェック盗難事件やビットコインの基礎など、時事と技術の両面をトピックをしぼってわかりやすくホリエモン節で解説してくれます。

仮想通貨市場は最近価格的にはダメダメですが、ホリエモンの視点から仮想通貨はこれからどうなるのかなどについて言及してくれています。

ホリエモンは情報をたくさん持っていいて先を見通す目は確かだと思うのでそういう人が仮想通貨をどう思っているのか?読んでみるといいと思います。

関連記事:【感想】ホリエモン著「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」のレビュー

デジタルゴールド ビットコイン、その知られざる物語

本のボリューム:
役に立つ度  :
難易度    :

一言で説明すると

ビットコイン黎明期を知りたいならこれしかない!

NYタイムズの記者がビットコイン誕生(2009年1月)から2014年末まで追いかけたルポタージュです。

無政府主義的思想を持つ技術オタクの人達がどうやって今の地位までビットコインを普及させていったのかその過程が詳しく書いてあります。

ナカモトサトシやロジャーバー、マウントゴックス事件でお馴染のマルク・カルプレスなんかも出てきます。

文章の量も多く、登場人物も多いので中々読むのに苦労しますがビットコイン黎明期を知るうえでは決定版だと思います。

アフター・ビットコイン

本のボリューム:
役に立つ度  :
難易度    :

一言で説明すると

ビットコインに対して否定的だが、ブロックチェーンは生き残る

本書ではビットコインは金融の専門家から見たら大したことないけど、ブロックチェーンは次世代のコア技術になる可能性があるよと言っています。

ですので、前半はビットコインに対して批判的な内容が続きます。価格変動が激しすぎるとか通貨として使っている人がほとんどいないなどビットコインの通貨としての欠点を指摘しています。

「ビットコインは夢の通貨でなんでもできるんだ」と思っている人は一度読んでおいてもいいかもしれません。ビットコインが抱える問題が垣間見えます。

後半はブロックチェーンによる国際送金革命として「リップル」の話も出てくるのでリップルに興味がある人も読んでみるといいですね。

記事の感想や質問など気軽にコメントしてください。

CAPTCHA