QUOINEX(コインエクスチェンジ)を登録する方法とメリット

ビットコインのペーパーウォレットの”超簡単”な作り方や使い方を解説

eyecatch

ビットコインなどをインターネットに接続していない環境で保管する方法としては「ハードウェアウォレット」と今回紹介する「ペーパーウォレット」があります。

 

今回紹介する「ペーパーウォレット」が「ハードウェアウォレット」に比べて優れている点は無料で作成できることです。

 

ハードウェアウォレットも複数の通貨を安全に保管できておすすめですが、値段が1万円ちょっとするのでちょっと高いんですよね~。

 

「私はビットコインしかもってないし、短期で売買せずずっと持っておくつもりです!」という人にはペーパーウォレットはオススメですので、まずペーパーウォレットのメリット・デメリットをみてそのあとにペーパーウォレットの作り方などをみてきましょう!

ペーパーウォレットの概要

ペーパーウォレットというのは紙に「ビットコインアドレス」、「公開鍵」や「秘密鍵」のQRコードが印刷されてある紙のウォレットです。

ペーパーウォレットは一般的に紙で保管することからハッキングが難しく安全性が高いとされています。

公開鍵や秘密鍵ってなに??っていう方もいるかもしれませんが、一般の銀行で例えるとの図のような感じになります。

図解-1

  • 「ビットコインアドレス」は、ビットコインを送る宛先を表す口座番号
  • 「公開鍵」はビットコインアドレスを作るために必要な身分証明書
  • 「秘密鍵」は口座の所有権を証明する暗証番号

この中で一番大切なのはわかりますよね?

暗証番号に当たる秘密鍵です!

口座番号や身分証明書は他人に見られても問題ないのですが、暗証番号を他人に知られるとお金を盗られる可能性がありますよね?

ペーパーウォレットを作成したら秘密鍵は誰にも知られないように厳重に保管する必要があります。

ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットの作り方を検索しているような人は、ペーパーウォレットのメリットやデメリットなんて御存じかもしれませんが、一応メリット・デメリットをみていこうとおもいます。

安全性が高い

ペーパーウォレットの一番のメリットはなんといっても安全性が高いことですよね。

ネット環境に頼らず物理的に紙に印刷して保管するのでハッキングなんてできません。仮想通貨を保管するのに紙に印刷して保管するのが一番安全と言うのはなんとも皮肉な気もしますが。

タダで作成できる

ネット環境に依存しないコールドウォレットとして、ペーパーウォレットのほかにハードウェアウォレットもありますが、ハードウェアウォレットは1万円ぐらいするのでちょっと考えてしまいますよね。

その点、ペーパーウォレットならタダで作成できるのでお手軽です。

作るのが簡単

ペーパーウォレット自体は作成するのに10分もあればできるので作成がとっても簡単です。いつでも、何個でも作れます。

ペーパーウォレットのデメリット

人に盗まれる可能性がある

 泥棒ならお金や貴金属を盗ると思うので、わざわざペーパーウォレットを盗む人がいるのか疑問ですが可能性の問題としてペーパーウォレットを盗めば出金することが可能です。

心配な人はペーパーウォレットを作る際に「BIP38」の暗号化をほどこして入出金する際にパスフレーズが必要な状態にしておいた方がいいですね。

紙をなくすと復元できない

ペーパーウォレットなので紙をなくしてしまうと元に戻せません。

引っ越しとかでドタバタしてペーパーウォレットをなくしてしまうと完全にセルフGOXです。

紙の長期保管が難しい

ペーパーウォレットは紙に印刷して保管する必要がありますが、紙は劣化するので長期間保管することは難しいです。

記事の最後に紙での長期保管の方法について書いていきますが、紙は湿気や温度、紫外線などに弱いので、5年後10年後ビットコインが値上がりしたから喜んでペーパーウォレットを見てみたら紙が劣化して、QRコードもアドレスも見えなくなっている可能性があります。

セキュリティのために使い捨てる必要がある

ペーパーウォレットは紙に印刷して保管するので盗まれる危険性が少ないのですが、インポートする際にインターネットにつなぐ必要があります。

その際にハッキングされる可能性があるので基本的に使い捨てる必要があります。

めんどくさいですが、一度使ったら再び同じペーパーウォレットにインポートするのではなく新しいペーパーウォレットを再度作るようにしましょう。

Segwitに対応していない普通のペーパーウォレットの作成方法

ペーパーウォレットの作り方は簡単ですのでさっそく作っていきましょう。

作り方を7段階にわけて説明していきます。

作成手順

  • STEP.1
  • STEP.2

     

     

    segwitbitcoinwallet-4

      ここでパソコンをインターネットに接続していないオフライン環境にしましょう。

     

    そのほうがセキュリテイ上オンラインで作るよりもより安全に作成できます。

     

    インターネットをオフラインにする方法は「ネットワークを一時的に切断する方法」を参考にしてみて下さい。

     

    インターネットに接続して、上の画面のような「インターネット接続がありません」になっていればOK!

  • STEP.3

     

    bitcoinwallet-1

     オフライン環境になったのを確認することができたら先程ダウンロードしたファイルのなかにある「bitaddress.org.html」をクリックします。

  • STEP.4

     

      100%になるまで画面上でマウスを動かしまくります。

  • STEP.5

     

    bitcoinwallet-3

      そうするとQRコードと鍵のコードが表示されるのでこれでペーパーウォレットの完成です!

    右側の青い部分が「公開鍵」、左の赤い部分が誰にも見せちゃいけない大切な「秘密鍵」になっています。

     

    デザインにこだわりがなければこれで十分なので印刷しておきましょう。

    せっかくだし、お札みたいなかっこいいデザインがいいという人は次のSTEP.6に進んで下さい。

     

  • STEP.6

     

    bitcoinwallet-4  上のタブの「Paper Wallet」をクリックすると印刷用のページが出てきますので「BIP 38」で暗号化しない場合は印刷しましょう。

  • STEP.7

    bitcoinwallet-5「BIP38」で暗号化する場合にはパスフレーズをいれて2段階認証を設定しましょう。BIP38を設定したほうが、紙を盗られてもパスフレーズがないと入出金できないのでより安全です。

    ただし、パスフレーズを忘れてしまうと入出金できなくなってしますので注意が必要です。

Segwit対応ペーパーウォレットの作成方法

送金手数料が安いSegwitに対応したペーパーウォレットの作り方も説明していきます。

Segwit対応と言っても作り方はとても簡単ですので安心してください。

Segwitってなに?

Segwitについて簡単に言うと「ビットコインのスケーラビィリィテイ問題を解決する一つの方法で、取引サイズを圧縮することによって、より小さいデータで取引を完了できるようになり、送金手数料を安くできる技術のこと」です。

では、8段階に分けてSegwit対応のペーパーウォレットの作成をみていきましょう!

作成手順

  • STEP.1

    SegWit Paper Walletにいきます。

  • STEP.2

     

      SegWit Paper Walletのサイトにいくと、画面の上のほうに上のような英語が表示されていると思いますので、「saving this site」と書かれたリンクをクリックします。

  • STEP.3

     

    segwitbitcoinwallet-2

      リンクをクリックすると上のような画面が表示されるので「Source code(zip)」をクリックしてファイルをダウンロードします。

  • STEP.4

     

    segwitbitcoinwallet-4

      ここでパソコンをインターネットに接続していないオフライン環境にしましょう。

    そのほうがセキュリテイ上オンラインで作るよりもより安全に作成できます。

     

    インターネットをオフラインにする方法は「ネットワークを一時的に切断する方法」を参考にしてみて下さい。

     

    インターネットに接続して、上の画面のような「インターネット接続がありません」になっていればOK!

  • STEP.5

     

    segwitbitcoinwallet-3

      STEP.3でダウンロードしたファイルを解凍すると上の図のようなファイルが出てくるので「index.html」をクリックします。

  • STEP.6

     

    segwitbitcoinwallet-5

    「Gnerate New SegWit Address」をクリックします。

  • STEP.7

     

    segwitbitcoinwallet-6

      画面の上に「Move Your Mouse Around Here For Randomness」と書かれた枠があるのでそこでマウスを動かしまくります。

    ちょっと大変だけどとにかく動かしまくります。

  • STEP.8

     

    segwitbitcoinwallet-7

      そうするとQRコードと鍵のコードが表示されるのでこれでペーパーウォレットの完成です!

    右側の青い部分が「公開鍵」、左の赤い部分が誰にも見せちゃいけない大切な「秘密鍵」になっています。

ペーパーウォレットへの入出金方法

【入金方法】

入金方法については、別のウォレットからペーパーウォレットの左側にある公開鍵を読み込んで送ればOKです。

 

【出金方法】

デスクトップアプリか「Copay」などのモバイルウォレットで秘密鍵を読み込み出金します。

ペーパーウォレットの残高の確認方法

ペーパーウォレットの残高を確認する場合は、Web Analysisというサイトで確認できます。

bitcoinbalance-1

  リンクをクリックすれば上のような画面がでるので「公開鍵のアドレスを入力します。」

bitcoinbalance-2

  そうすると上のような画面がでてきて残高を確認できます。

 

ペーパーウォレットの保管方法

ペーパーウォレットはセキュリテイが高く、タダで作成できるのでガチホするにはいい保管方法ですが、最大の難点は紙が劣化してしまうことにあります。

 

紙の劣化の原因は、温度や湿度、紫外線などもあるようですが、印刷用紙に使われる「サイズ剤」というのも劣化の原因になるようです。

詳しくは下に紹介している「紙の道」というサイトに書いてありますが、紙を長期保管しようと思うなら、「和紙」などの中性紙を使った方がよいようです。

参考 コラム(93) 「紙はなぜ」(13) 紙、特に和紙の寿命はなぜ長いのでしょうか?紙への道

和紙は科学薬品を使っておらず、国内の原料で作っているので一説には「1000年」持つと言われているそうです。ガチホするなら日本古来の和紙が一番ですね!

↓amazonでこんな和紙がありました。

コクヨ(KOKUYO)
¥708 (2018/06/17 19:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

あと、保管方法ですが、紙は湿度や光によって劣化するので、お菓子の乾燥材と一緒にジップロックに入れて、光が当たらないような場所に保管するのがよさそうです。

光が当たらない場所になんか保管したら忘れて、すごーーく紙を無くしそうな気もしますが、長期保管をするためには必要です。

 

もう一つの保管方法は、ペーパーウォレットといっても別に紙に印刷して保管する必要はないので、「紙を無くすのが嫌だ」とか「紙の劣化が気になる」という人は、ペーパーウォレットのQRコードと秘密鍵、公開鍵が書いてある画面をスクリーンショットしてUSBで保管しておく方法もあると思います。

USB自体も劣化はするので何十年も持ち続けれるか定かではないですけど、USBで保管すればオフラインで保管できるので安全だと思います。

それに、紙だと何かにまぎれてポイッと捨てる可能性がありますが、USBは中になんのデータが入っているのかわからないのでポイッと捨てることってあんまりないですよね。

個人的にはこちらの保管方法のほうがオススメですかね。できれば試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です