コインチェックの評判・登録・取引方法・手数料・取り扱い通貨をまとめて紹介!!

coincheck

コインチェックは初心者に非常に人気の取引所で仮想通貨バブルを牽引した会社です。

では、なぜそんなに人気があるのでしょうか?

今の人はほとんどスマホで仮想通貨売買をすると思いますが、コインチェックはスマホの画面が非常に見やすく売買しやすいからです。

コインチェックのスマホ画面はこんな感じです。

画面もスッキリしていて見やすく、仮想通貨の購入も3タップぐらいでサクッとできてしまいます。

仮想通貨を購入するのに面倒で難しいのは嫌だ!という初心者におすすめです。

そんなコインチェックについて本記事ではコインチェックを利用するメリット・デメリット、売買の仕方までをまとめて紹介しています。

コインチェックについて1記事でまとめて知りたい人は読んでください。

また、コインチェックと言えば巨額ハッキング被害を受けたことがあるので登録するのに不安な人もいるかもしれません。

そのような人は自分でセキュリティを高める方法も紹介している「コインチェックのセキュリティは大丈夫?自分で安全性を高める方法!」の記事も参考にしてください。

コインチェックってどんな会社?

coincheckってどんな会社?

コインチェックは2012年8月に設立された仮想通貨交換業を営む会社です。

名前はみんな知っているのではないでしょうか?史上最高額ともいわれる580億円分の仮想通貨が盗まれたことで有名ですよね。

2018年1月26日にハッキング事件が起こるのですが、仮想通貨は2017年にすごい盛り上がっており年末には1BTC約240万円の過去最高額をつけました。

2017年の仮想通貨の盛り上がりを牽引したのがコインチェックだと思います。アルトコインを豊富に取り扱っており、使いやすいUIとテレビCMもあって人気がありました。

このときコインチェックは金融庁に登録された業者ではなくいわゆる「みなし業者」でした。

その後ハッキング被害にあい、盗まれた仮想通貨を全額補償し、金融庁からは業務改善命令を受けました。

そして、2018年4月にはマネックスグループの完全子会社として再出発を果たし、現在は関東財務局長00014号として正式な仮想通貨交換業者として登録されています。

良くも悪くも日本の仮想通貨業界の先頭に立って活躍してきた取引所の一つです。

コインチェックはこんな人におすすめ

コインチェックはこんな人におすすめ

コインチェックは初心者でも使いやすいスマホアプリやサイトが人気ですので仮想通貨投資を始めたばかりの人におすすめです。

また、ファクトムなどコインチェックにしかないアルトコインもあるとのでビットコイン以外の通貨も取引していみたい人は登録しておくといいでしょう。

しかし、スマホからは販売所形式の取引しかできないので安く仮想通貨を買いたい人にはおすすめできません。

板取引ができるGMOコインやbitbankで取引するようにしましょう。

コインチェックがおすすめの人
  • 仮想通貨投資を始めたばかりの人
  • 様々なアルトコイン売買をしたい人
  • 主にスマホで仮想通貨売買をしたい人
  • 貸し仮想通貨サービスを利用したい人(仮想通貨が塩漬けになっている人に便利です。)

取引所と販売所の違いとは?

取引所はユーザーが売り注文と買い注文を仮想通貨業者に出し、仮想通貨業者がユーザー同士を仲介することで取引を成立させています。

販売所というのはユーザーがコインチェックなどの仮想通貨業者と直接売買して仮想通貨を購入することです。

販売所では仮想通貨をワンクリックで簡単に買える一方取引所に比べてやや割高で仮想通貨を購入することになってしまいます。

コインチェックのメリット

初心者でも使いやすいUI

コインチェックの一番の売りはなんといってもアプリの使いやすさにあると思います。

画面も見やすく簡単に買えるので初心者向けと言えます。

販売所形式で簡単に買える

販売所形式でスマホからでも3タップぐらいで手軽に仮想通貨を購入することができます。

板取引の方が安く買えますが、そういうことは難しくてよくわからない!とにかく仮想通貨を購入してみたいという人にはお勧めです。

販売所形式での仮想通貨の購入の仕方は記事の後半に書いているので参考にしてください。

取引できる通貨の数が多い

コインチェック取引できる通貨は9種類となっており、国内トップクラスとなっています。

他の取引所は4~6種類ぐらいですね。

コインチェックに登録しておけば複数の取引所に登録することなく多くの通貨のアルトコイン売買を楽しむことができます。

貸し仮想通貨サービスがある

コインチェックには貸し通貨サービスがあり年利5%も可能となっています。

貸出するのも簡単なので頻繁に売買するつもりがない人は貸し通貨サービスを利用して、通貨を貸し出せば自動的に増えていきます。

また、高値で買ってしまったという人も貸し通貨サービスを利用すれば塩漬けすることなく、有効に通貨を活かすことができますよ。

貸し通貨サービスはbitbankやGMOコインにもあります。

GMOコインはビットコインの最低貸出額が10BTCとなっていて大口の顧客専用となっているのでかなり使いづらくなっています。

FX大手のマネックスグループが運営

FX大手で上場企業でもあるマネックスグループの傘下にコインチェックがなったことによりシステムの管理体制、セキュリティ対策などにおいてマネックスの培ったノウハウが注入されたと思われます。

大手の会社が運営することにより人員なども適切に配置され事件からの復活したと言えそうです。

チャットがある

コインチェックには日本にはZaifにしかないチャット機能があります。

仮想通貨取引を始めたばかりの人でもチャットを見ていれば最新の情報や現在の仮想通貨市場の流れみたいなものをつかみやすくなります。

ただし、チャットの人が9月は価格が上がるとか言っているのは大体嘘なので気を付けましょう!

新規通貨の取り扱いに積極的

コインチェックの社長が「日本のユーザーが海外の取引所に行かなくても、日本の取引所で安心な環境で取引していただくのは非常に良いことだ。グローバルに人気のあるコインについては検討していきたい。」と発言しており、今後世界的に人気のある通貨については取り扱いを増やす方針を示しました。

モナコインに続いて新たな通貨が上場する可能性があります。

世界的に人気のある通貨ということなので、時価総額の大きな、ちゃんと開発されている通貨が上場されそうですね。

コインチェックのデメリット

アルトコインの売買が販売所形式

パソコン・スマホどちらからでもアルトコインは販売所形式でしか購入することができません。

板取引形式の取引所に比べて割高で購入することになるのでアルトコイン売買を繰り返し行う場合は注意しましょう。

スマホからは販売所形式でしか購入できない

コインチェックのスマホアプリを使って購入する場合、ビットコイン及びアルトコインはどちらも販売所形式での売買になるので注意が必要です。

ハッキング被害にあったことがある

金融庁の登録や検査も終えており、ハッキング被害を受けたころよりセキュリティはあがっていると思いますが、それでも一度ハッキング被害を受けており不安な人はいると思います。

しかし、仮想通貨の取引所はどこもハッキング被害にあっているともいえなくはないのですけどね。

スプレッドが広い

コインチェックの販売所は実質的な手数料であるスプレッドのせいで、コインを買うときの金額が「高く」、売るときの金額は「安く」なるので、ユーザーには不利になります。

記事を書いている時点でも他の取引所と比較してリップルが4%ほど割高になっています。

580億円といわれる巨額ハッキング被害を全額補償できたのはアルトコインのスプレッドでコインチェックが儲けていたからと言われています。

コインチェックの取り扱い通貨

コインチェックの取り扱い通貨

コインチェックの取り扱い通貨はビットコインのほかアルトコイン9種類となっています。

リスクやファクトムは日本の取引所ではあまり扱っていないのでコインチェックでは豊富なアルトコイン売買を楽しむことができます。

なお、信用取引については現在停止中となっています。

それぞれの通貨について簡単に紹介します。

説明の内容はcoincheckのHPの仮想通貨取引説明書から引用しています。

ビットコイン

ビットコイン

ビットコイン(Bitcoin)とは、2008年に考案された暗号技術を利用した分散型台帳であるブロックチェーン(インターネット上の台帳に取引の情報を記録して資産の保存や移転の手段として使われるネットワーク)技術に基づき、価値の保存・移転が可能な仮想通貨です。

発行主体を持たず、発行上限がある等の特徴を持ち、決済手段や投資に利用されています。

イーサリアム

イーサリアム

イーサリアム(Ethereum)とは、ブロックチェーンにスマートコントラクト(契約情報)を記述する仕組みです。

ビットコインは、ブロックチェーンによって全ての取引履歴を管理していますが、イーサリアムは、取引で行われる契約をブロックチェーンに書き込み、その書き込まれた契約内容が実行されるという仕組みです。

イーサリアムクラシック

イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)は、Ethereum財団のハードフォークに反対派により立ち上げられたプロジェクトです。

ハードフォーク後も元のブロックチェーンを維持し、ハードフォーク前のETHを取引可能としています。ハードフォーク前のイーサリアムがイーサリアム・クラシックに名前を変更したようなイメージです。

リスク

リスク

リスク(LISK)とは、分散型アプリケーションプラットフォームです。

分散型アプリケーションは、1つ以上のローカル又はリモートのクライアントが、ネットワークで接続された複数のマシン上の1つ以上のサーバと通信するアプリケーションです。どの場所からでも業務処理が可能で、仮想通貨でいうとイーサリアムと似た仕組みです。

モナコイン

モナコイン

モナコイン(Monacoin)とは、日本発の仮想通貨で2014年1月1日に正式リリースしました。

2000年頃に匿名掲示板内で広まったアスキーアートキャラクター「モナー」をモチーフにしています。

ビットコインやライトコインより先にSegwitを有効化した通貨で、ビットコインより短時間で多くのトランザクションを処理できます。コミュニティの強い支援によって成長してきた通貨で、ファンに愛されてきたユニークな通貨と言えます。

ファクトム

ファクトム

ファクトム(Factom)は、”ビットコイン2.0″と呼ばれる、ブロックチェーン技術などを応用したプロジェクトの一つです。

ありとあらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理することができ、印鑑証明のように特定の事実を証明する公証の役割も期待されています。

ファクトムがブロックチェーンに記録するのは書類やデータのハッシュのみで、個人情報や重要データの漏えいを防ぐことができ、データ量も少なく処理スピードが速くなります。

リップル

リップル

リップル(Ripple)は、「Ripple Labs, INC.」が運営する分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システム、外国為替・送金ネットワークです。

リップル内にのみ存在する生来の電子的な資産であり、システム内で使用できる通貨を「XRP」と言い、リップルコインとも呼ばれます。

1,000億XRPがリップルのシステムにプログラムされており、それ以上増えることはありません。

ネム

ネム

ネム(NEM)は、多くの資金を保有する一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計された初の暗号通貨です。

NEMという名称は、New Economy Movement(新たな経済運動)の略称で、その仕組みにはPOI(Proof-of-Importance)を採用しています。

POIは、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというもので、全ての人に平等に利益を得る機会を与えていることから、「富の再分配」と表現されています。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、2017年8月1日のハードフォークによって誕生した新しい仮想通貨です。

ビットコインキャッシュは、既存のビットコインと比較してブロックサイズ(取引処理能力)が最大8倍に拡大可能なことが特徴であり、送金の滞留時間の改善、手数料の引下げを目指し、これまでのスケーラビリティ問題の解決を目的とした通貨です。

ライトコイン

ライトコイン

ライトコイン(Litecoin)は、ビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号通貨で、ビットコインが「金」と例えられるのに対し、ライトコインは「銀」と例えられます。

基本的な仕組みはビットコインと同様ですが、ビットコインに比べ、より高速な取引が可能です。また発行枚数の上限が8,400万枚とビットコインのおよそ4倍に設定されています。

コインチェックの取引手数料と入出金手数料

取引手数料

ビットコイン取引所の手数料はMaker・Takerともに手数料は無料となっています。

ビットコインの取引所から購入した場合は取引手数料無料ですが、ビットコインをスマホから購入する場合は販売所なのでビットコイン価格に実質手数料がのった割高価格なので注意しましょう!

MakerとTakerの違い

【Maker】 取引板にない価格で注文することにより注文を取引板に並べて約定した取引のこと

【Taker】 取引板に並んだ既存の注文で約定した取引のこと

日本円の入金手数料

銀行振込(日本円)無料(振込手数料は、お客様負担です。)

コンビニ入金

(入金額から手数料が差し引かれます)

3万円未満756 円
3万円以上30万円以下1000 円
 

クイック入金

(入金額から手数料が差し引かれます)

3万円未満756 円
3万円以上50万円未満1000 円
50万円以上入金金額×0.108% + 486 円

取引所への日本円入金は上のようになっています。

コンビニ入金・クイック入金なら早く入金できますが、手数料が高いので銀行振り込みを使うようにしましょう。

日本円の出金手数料

日本円出金400 円

日本円の出金も手数料がかかります。特別手数料が高いわけでもないですが、せっかく稼いだお金だと思うので引き出すときはまとめて引き出すようにしましょう。

仮想通貨の入金手数料

仮想通貨入金無料

仮想通貨の入金はどこの取引所も無料だと思います。

仮想通貨の出金手数料

BTC0.001 BTC
ETH0.01 ETH
ETC0.01 ETC
LSK0.1 LSK
FCT0.1 FCT
XRP0.15 XRP
XEM0.5 XEM
LTC0.001 LTC
BCH0.001 BCH
MONA0.001 MONA

仮想通貨の出金手数料は上のようになっています。

仮想通貨の出金手数料はマイナーへ支払う分なのでどこの取引所でもかかってくるものです。

出金手数料をあまりケチるといつまでたっても着金しなかったり、出金手数料を抑えるために一度に多額の金額を送って、送金ミスすると取引所に問い合わせないといけなくなるので、出金手数料は自分の都合に合わせて考えて設定するようにしましょう。

なお、コインチェックユーザー間の手数料は無料になっています。

コインチェックの評判・口コミ

いい評判・口コミ

コインチェックのいい口コミで多いのは「アプリやサイトが使いやすい」というのが圧倒的に多いです。

アプリもおそらく取引所の中で一番ダウンロードされており、初心者に優しいUIになっています。

仮想通貨を購入するって初めてでよくわからないという人は売買しやすいコインチェックがおすすめですね。




悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミとして多いのは「スプレッドや手数料が高い」というものですね。

コインチェックでアルトコイン(リップルやイーサリアムなどビットコイン以外の通貨のこと)を売買する場合、取引所と売買をする販売所形式のため簡単に買えるというメリットがある一方、通常より高く購入することになってしまいます。

記事を書いている時点ではリップルを購入する場合、他の取引所より4%ほど高かったです。

ですので、最初から4%負けで始まるというのはつらいですよね。




コインチェックへの登録方法

登録する前にフィッシング詐欺に注意!

コインチェックに登録しようと検索をした場合に一番上にでる広告はクリックしないように注意しましょう。

フィッシング詐欺の可能性がありIDやパスワードを盗まれる可能性があります。

必ず公式サイトから登録するようにしましょう。

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、URLを実在するURLに見間違えるような表示にすることでで、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。(総務省 国民のための情報セキュリティサイトより



口座開設方法

パソコンでの口座開設方法

STEP.1
公式ホームページへ

まずは公式ホームページへいきます。

STEP.2
メールアドレスとパスワードを入力

coincheck

メールアドレスとパスワードを入力して「新規登録」をクリックします。

パスワードは使いまわさないようにしましょう。

STEP.3
メールアドレスの確認

coincheck

先ほど登録したメールアドレス宛にメールが届いていると思うのでリンクをクリックしましょう。

これで登録は完了です!

STEP.4
本人確認書類の提出

coincheck

ログインしたら画像のようなボタンがあると思うので本人確認書類を提出していきましょう。

STEP.5
電話番号認証

coincheck

電話番号認証をしましょう。スマホを持っていない人は「SMSを受信できない方はこちら」をクリックします。

STEP.6
本人確認書類の提出

coincheck

個人情報を入力のうえ運転免許証などの本人確認書類を提出します。

STEP.7

coincheck

ホーム画面に「各種重要事項を確認する」のボタンがあると思うので確認していきましょう。

STEP.8
各種重要事項の同意

coincheck

各種重要事項を確認の上、チェックをつけましょう。

スマホでの口座開設方法

【公式動画】スマホでのコインチェックの口座開設方法

コインチェックの二段階認証の設定方法

コインチェック二段階認証の設定

引用:コインチェック公式HP

取引画面の「設定」から二段階認証をクリックして設定するを押します。

二段階認証はセキュリティ上とても大事なので必ず設定するようにしましょう!

コインチェックは動画でも説明しているのでこちらの方がわかりやすいと思います。

コインチェックの現物取引方法

PCでの取引方法

取引所形式

koincheck

取引所形式でビットコインを購入する方法はパソコンからのみできます。

あとで説明する販売所形式より安く購入することができるのでビットコインを購入する場合は取引所形式を使うようにしましょう。

使い方はレートに購入したい価格、注文量に欲しい数量を入力して売り・買いを押せばOKです。

注文の板を見てなるべく安く買って、高く売るようにしましょう。

板取引についての詳しい売買方法は下の記事を参考にしてみるといいでしょう。

販売所形式

coincheck

購入したい通貨を選択して数量を選び、購入するで購入完了です。

販売所形式は手軽に買える半面やや割高なので売買を繰り返す場合は注意しましょう!

スマホでの取引方法

coincheck

スマホから仮想通貨を購入する場合はすべての通貨が販売所形式での売買になります。

購入の仕方は、「販売所」→「通貨の選択」→「購入」の順番でタップします。

coincheck

日本円で購入したい金額を入力し購入をタップすればOKです。