購入をおすすめしたい仮想通貨のハードウェアウォレットの種類をランキング形式で紹介

hardwallet

コインチェック、Zaif、BITPointこの3つの取引所に共通するものってわかりますか?

そう!ハッキング被害にあった取引所ですよね。

なぐ

私もコインチェックとZaifでやられてしまいました。

取引所に仮想通貨を置いている限り今後もハッキングの被害にあうと思います。

しかし、1万円ほど出してハードウェアウォレットを購入して仮想通貨を保存しておけばもう仮想通貨がなくなることはありません。

仮想通貨をたくさん持っている人や仮想通貨を安全に保管しておきたい人のためにどんなハードウェアウォレットがあるのか紹介させてもらいます。

ハードウェアウォレットで有名なのは「Ledger Nano S」と「TREZOR」の2つです。

特にこだわりとかなければこの2つのうちどちらかを購入するのが無難でしょう。

二つの違いは「Ledger Nano S」はリップルに対応しているがネムには対応していない。

「TREZOR」はその逆でネムには対応しているがリップルには対応していない点です。

保管したい通貨が決まっている人は購入するハードウェアウォレットの対応通貨よく確認してから購入するようにしましょう。

1位 Ledger Nano S

価格8,900円
対応通貨
  • Bitcoin
  • XRP
  • Ethereum
  • Bitcoin Cash
  • EOS
  • Stellar
  • Litecoin
  • Tether
  • Binance Coin など多数 詳細はLedger公式HP
特徴
  • リップルなど対応している通貨が多い
  • ハードウェアウォレットの中で一番有名
  • 生産国が中国
  • MyCrypto、EtherDeltaなど複数のWebウォレットと連携できる
複数アカウント
送金手数料調整
公式HP日本代理店 EarthShip
日本語サポート日本総代理店EarthShipから購入すると日本語カスタマーサポートを利用できる
設定の参考Ledger Nano S (レジャーナノS) の使い方や初期設定を徹底解説!
いい口コミ

仮想通貨を管理するのにハードウェアウォレットがあった方がいいと思っていました。

Ledgerはセキュリティ面で評判が良いのが購入の決め手でした。また正規代理店だと確認できたのでAmazonで買いました。

日本語でのサポートがあるので何かあった時には頼れます。

設定は簡単にでき、オフラインでも使えるので安心感があります。やはりコインチェックでの流出問題などがあり、取引所に置いたままだと不安になるので、必須アイテムだと思います。

悪い口コミ

開封後、パソコンに繋ぐと何も設定されていないにも関わらず『設定が完了しました』と表記されました。

可笑しいと思い、販売元に問い合わせても連絡ありません。

不安になったので返品致しました。信用出来ません。

一番人気のハードウェアウォレットですので特に問題がなければこれを購入しておけばいいと思います。

人気があるので設定の仕方の記事なども多数ありますし、困ったときに誰かに質問することもできます。

また、人気のリップルにも対応しており、日本の代理店もあるので日本語でのサポートも受けることができます。

少し心配なのは中国製である点でしょうか。

2位 Trezor

trezor

 

価格8,900円
対応通貨
  • Bitcoin
  • Litecoin
  • Dash
  • Zcash
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • NEM
  • Monacoin (MONA)
  • ERC20準拠イーサリアムトークン各種 など多数 詳細はTrezor公式HP
特徴
  • Ledger Nano Sに対応していないNEMに対応している
  • リップルは非対応
  • Segwit2xに対応
複数アカウント
送金手数料調整
公式HPTREZOR公式
正規代理店MyHardWallet
日本語サポート正規代理店MyHardWalletから購入すると日本語マニュアル・LINE@を利用できる
設定の参考【保存版】TREZOR (トレザー) の使い方や初期設定、バックアップの方法を徹底解説!
いい口コミ

コインチェック事件があり、自分の資産は自分で守らねばと思いこちらを購入。

ネット上ではAmazonで購入したハードコインウォレットが使用済みのものだったなどとの情報もありましたが、しっかりと梱包されており保護シールもガチガチに貼られていて安心しました。

初期化等のチェックも行いましたが、全く問題なく新品でした。

移し替えようにもう一点購入を検討しております。

悪い口コミ

BTCとBCHの入金アドレスを非常に間違えやすいです、間違ってBTCをBCHアドレスに送付するとその時点でその送金分の全てを失いますBTCの単なるアドレス違いならエラーでけして送金完了にはなりませんが、元が同じだったBCHのアドレスはBTCアドレスを受けて入金扱いにしまいそのまま取り出し不能になるのです、画面上での警告もあり自己責任だからといえばそれっきりですが、何らかの防止策を願いたいところです、ハードウオレットといっても落とし穴だらけですね 自己責任か

TREZORもLedger Nano Sと同じくらい日本で人気のあるハードウェアウォレットです。

こちらLedger Nano Sが対応していないNEMに対応しているのでNEMを保管したい人はこちらを検討するといいでしょう。

安さ・使いやすさともに問題なく購入を検討したい一品です。

3位 Digital bitbox

bitbox

価格7,980円
対応通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ERC20トークン(TRX、NOAH等)
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
特徴
  • スイスのShift Devices Ag社が開発する
  • 秘密鍵は、物理的な抽出(50年間の寿命)を防ぐ高セキュリティチップに保管されています。
複数アカウント
送金手数料調整
公式HPdigitalbitbox公式HP
日本語サポート日本語マニュアルあり
製造国スイス
設定の参考Digital Bitbox(デジタルビットボックス)開封の儀と初期設定
その他メーカー保証1年
いい口コミ

ledger nanoやtrezorも検討しました。

上記の二つと比較し対応通貨が少ないですが、今自分が持ってる暗号通貨を考慮すると安価なDigital bitboxで良いと判断し買いました。

まだ少ししか使ってないですが、非常にシンプルで使いやすいです。

これで十分満足していますが、対応通貨増えることを期待して☆4つですね。

悪い口コミ

ハードウォレットは3つ目の利用となりますが、日本語対応ができないのが辛いです。

スマホとのペアリングに失敗しロックがかかってしまいサポートに連絡、日本語対応でないため意思の疎通が難しく、リカバリーで復元はできたもののビットコイン0.01BTCが無くなってしまいました。

問い合わせをしても細かい所まで説明は困難で諦めるしかないかもですね、このような対応ですと他のハードウォレットを紹介するしかないです。

対応通貨が少ないのが少し難点ですが、ほかのハードウェアウォレットと比べると安いです。

ですので、とりあえずビットコインとイーサリアムぐらいをハードウェアウォレットで管理したいだけだから安いのがいい!という人におすすめの商品です。

4位 Coll wallet S

coolwallet

価格11,900円
対応通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ
  • Binance Coin Token
  • Tether USD
  • ERC20 Token
特徴
  • CC EAL 5+ 認定のセキュアエレメントという世界基準を満たしているのでセキュリティが米軍並み
  • 防水仕様
  • スマホ連動型でPCがいらない
  • 充電式なので2週間に一回ぐらいは充電が必要
複数アカウント
送金手数料調整
公式HPCool Wallet S 公式
日本語サポート正規代理店によるLINE@でのサポートあり
設定の参考Coolwallet S(クールウォレットS)開封の儀と初期設定
その他メーカー保証1年

充電式電池の寿命が短くて2年

いい口コミ

購入後ファームウェアをアップデートして、TREZOR Tのリカバリーコードをそのまま入力してウォレットが復元が可能でしたので、共通のウォレットとして使用できています。

仮想通貨が対応しているのならば、COOL WALLET Sだけでも十分です。

後日追加で購入したいと思わせる商品です。

いい口コミ

使い易いです❗️アプリのUIも馴染み易いです❗️レジャーナノが鉄屑となりました。

スマホ連動ということでパソコンがなくても使えるハードウェアウォレットなのでスマホだけで仮想通貨投資をしている人におすすめです。

Ledger Nano Sより使いやすいというレビューもあり評判はなかなかいいようです。

ですが、電池が充電式で公式では寿命は短くても2年持つということですが、電池の寿命がきてしまうと交換できず買い替えになってしまうのが難点ですね。

>>>【参考】Amazonで「CoolWallet s」を2.5%引きで買う方法

5位 Keepkey

価格6,000円
対応通貨
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ダッシュ
  • ドッジコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ERC20トークン(BNB、USDT等)
特徴
  • 画面が大きいので操作しやすい
  • PINシャッフル機能がついているのでデバイスへの不正アクセスを防げる
複数アカウント
送金手数料調整✖(ビットコインだけは手数料調整可能)
公式HPKeepKey公式HP
日本語サポート
設定の参考KeepKeyの使い方
いい口コミ

Google Chrome アプリの操作も特に難しい所は無さそうです。

送金時には、商品画像のように相手アドレスと金額が本体画面全体に表示されるので、しっかり確認して本体ボタンを押せます。

coinを取引所に置いておくと売買の誘惑で損失を出してしまいそうな人は、ハードウェアウォレットに移しておくのも一案です。

取引所の画面から消えるので、一旦忘れることができます。

悪い口コミ

ビットコイン以外に、4種類しか、取り扱うことが出来なく、ネムコインには、対応していません。

もし、取り扱えるなら、そのことを明確に教えてください。

嘘の説明は、しないでください!

価格は安いですがネムやリップルなど日本人に人気のアルトコインに対応していないので購入する際はよく確認してください。

また、公式サイトが日本語に対応していないのでおそらく日本語によるサポートはないと思います。

日本語に対応していないと何かあったときにめんどうなのでその辺は注意しましょう。

6位 Ledger Blue

Ledgerblue

 

価格48,700円(正規代理店なら30,000円)
対応通貨
  • Bitcoin
  • XRP
  • Ethereum
  • Bitcoin Cash
  • Stellar
  • Litecoin
  • Tether
  • Tron など多数 詳細はLedger公式HP
特徴
  • 大画面タッチスクリーン
  • バッテリー搭載
  • Bluetooth連携
複数アカウント
送金手数料調整
公式HPLedger公式HP
日本語サポート日本語マニュアル、LINE@サポートあり(正規代理店販売)
設定の参考Ledger Blueのセットアップ
いい口コミ

Ledger Nano Sを1台持っていますが、アルトコイン4種類までしか保管できないため8~10種類保管できるブルーを買いました。

ブルーは充電式で、USBにつながなくても電源がはいります。とはいえ、電源を入れてもウォレット内の残高はアプリとつなげないとみることはできません。

タッチパネルで使いやすいのと、Nano Sのボタンをカチカチするよりも使いやすいです。

液晶の画質は昔の携帯ゲームのような粗さがあります。

日本正規代理店からの購入しましたがリップルの設定で迷った際にすぐに返信してもらえたのがよかったです。

日本語説明書とサポートがあるお店から買いましたが、日本語説明書があって安心して使えました。

悪い口コミ

パネルが大きいだけ、ナノsでも良かったかなぁ。トレザーな簡単で使いやすい。

タッチパネルで操作もしやすく、多くの仮想通貨を保管できますが、価格が高いというのが一番ネックでしょうか。

記事執筆時点で正規代理店なら3万円でしたが、ハードウェアウォレットに3万円というのはすこし高いですかね。

where to buy hardwallet ハードウェアウォレットはどこで買うべき?安心して買えるところ3つ紹介 eyecatch ビットコインのペーパーウォレットの”超簡単”な作り方や使い方を解説 Ginco 「Ginco(ギンコ)」の特徴や使い方を紹介|Airdropがもらえるモバイルウォレットアプリ