Huobi Japanの口座開設の登録方法|世界最大手の取引所が日本に進出

huobi

Huobiがビットトレードを買収して日本に進出してきましたね。

買収によりビットトレードはHuobi Japanになり再出発をします。

Huobi Japanでは平成31年1月31日まで口座開設・ログインすれば最大1,000円相当のリップルがもらえるキャンペーンをしているので私も早速登録してみました。

ツイッターを見ているとスマホからでは上手く登録できないと言っている人もいますが、私はパソコンでブラウザはChromeを使って登録したらすんなり登録できましたので参考にしてみてください

参考 最大1000円相当分のXRPがもらえる!Huobi Japan

Huobi Japanってどんな取引所?

Huobi(フォビ)は中華系の取引所でシンガポールを拠点として、韓国、香港、中国など、多くの国や地域でサービスを提供している、中国三大取引所の一つです。

そのHuobiが展開する日本法人「Huobi Japan Holding Limited」が平成30年9月12日、日本の取引所であるビットトレードの買収を行いました。

Huobi Grobalとは別に日本では今後「Huobi Japan」が展開していくことになります。

ビットトレードが持っていた仮想通貨交換業者 関東財務局第00007号」もHuobi Japanが引き継ぎ仮想通貨交換業の認可を受けた取引所として再始動していきます。

Huobi Japanのサービス内容

取り扱い通貨数6種類11通貨ペアを予定(取引開始は2019年1月8日を予定)
対応言語日本語
登録に当たって必要なものメールアドレス及び運転免許証などの本人確認書類
取引の種類現物取引(板取引)
取引手数料メイカー:ー、テイカー:ー
入出金手数料日本円の入出金は無料

仮想通貨の入金は無料

仮想通貨の出金はコインにより異なる。

詳しくは入出金手数料を参照

アプリ×
ソーシャル公式ツイッター

公式ホームページ

公式フェイスブック

公式テレグラム

公式youtube

Huobi Japanの取り扱い通貨

houbi japan取り扱い通貨

  • ビットコイン
  • リップル
  • モナ
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン

Huobi Japanの登録方法

  • STEP.1
    Huobi Japanのホームページに行く

    Huobi Japanのホームページへ行きましょう。

    ちなみに、現在は口座開設を受け付けている段階で、取引はまだできません。

    取引ができるようになるのは2019年1月8日を予定しています。

    まずは、Huobi JapanのHPへいく

    houbi

    まずは、Huobi Japanのホームページに行って、下の赤枠の中にメールアドレスを入力しましょう。

  • STEP.2
    パスワードを入力

    houbi

    パスワードを入力していきましょう。

    「Password 3 Lite」というアプリを使うと、自動でパスワードを生成してくれて便利なのでお勧めです。

  • STEP.3
    メール認証

    houbi

    メールアドレスに認証コードが送られてきているので入力しましょう。

  • STEP.4
    アカウントの種類を選択

    houbi

    アカウントの種類を選択します。

    私は個人を選びました。

  • STEP.5
    取引目的・年収などを回答

    houbi

    職業・年収などをちゃんと回答していきます。

  • STEP.6
    名前などを回答

    houbi

    名前や住所等も回答していきます。

  • STEP.7
    本人確認書類を提出

    houbi

    運転免許証などの本人確認書類を提出します。

  • STEP.8
    受付完了

    houbi

    この画面が出ればOKです。審査完了まで待っておきましょう。

  • STEP.9
    二段階認証の設定

    houbi

    登録を終えたらSMS認証とGA認証機の設定をしておきましょう。

  • STEP.10
    SMS認証の設定

    houbi

    電話番号を入力して、「送信する」をクリックすると認証コードが送られてくるのでSMS認証コードに入力しましょう。

  • STEP.11
    GA認証機の設定

    houbi

    Google AuthenticatorでQRコードをスキャンして二段階認証の設定をしましょう。

    忘れやすいですが、シークレットキーも携帯を交換した時や紛失した時に必要になるので必ず保存するようにしましょう。