BITPoint(ビットポイント)の手数料や口座開設・新規登録方法を解説



ビットポイント

ビットポイントは仮想通貨交換業者関東財務局第00009番に登録されている仮想通貨事業者です。

みなし業者ではないので安心できますね。

ビットポイントの親会社はリミックスポイントという会社で東証2部に上場していて、エネルギー、中古車、旅行など色々を事業しています。

親会社が上場しているのでビットポイントに何かあった場合、救済されたりするかもしれないので安心できますね。

BITPoint(ビットポイント)の取り扱い通貨

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

取り扱い通貨は5種類になっています。

少ない気もしますが主要な通貨は入っているので十分でしょう。

BITPoint(ビットポイント)のメリットとデメリット

BITPoint(ビットポイント)のメリット

取引や送金の手数料が無料

項目手数料
現物取引無料
レバレッジ取引無料
ビットポイントFX取引無料
仮想通貨預入無料
仮想通貨送金無料

ビットポイントでは仮想通貨の取引に関する手数料及び仮想通貨の入出金に関する手数料がすべて無料になっています。

頻繁に取引する人にはありがたいですね。

ちなみに、日本円の入出金は振り込み手数料のみ実費でかかってきます。

  他の取引所との手数料の比較が知りたい方は手数料の違いを知れば得できる!の記事を参考にしてみてください。

maker(メイカー)とtaker(テイカ―)の違い メイカー(Maker)とテイカー(Taker)とは?意味や手数料の違いを知れば得できる!

すべての通貨を板取引所で買える(ビットポイントに販売所はない)

ビットポイントのすべての通貨は指値で買う板取引所の形式を採用しているので、販売所形式の取引所で買うより安く購入できます。

関連記事:販売所と取引所の違いって何?損をしないためにも絶対知っておこう!

メタトレード(MT4)機能を搭載している

FXトレーダーに人気がある高機能トレードソフト「メタトレード4」を使って仮想通貨FXができる。

メタトレード4とは

ロシアのメタクォーツ・ソフトウェア社が開発したトレードソフト。

無料で使えるのに優れたチャート機能を有する。また、自動売買機能もありプログラミングの知識がない人でもインターネット上に出回っている有料・無料の物を使うことで容易に使うことができる。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット

出来高が少ない

ビットポイントの難点は出来高が少ないことです。

取引所の出来高を見るサイトはいくつかありますが、coinhillsというサイトで見ても名前が出てきません。

出来高が少ないと売りたいときに売れなくなったりするので注意が必要です。

レバレッジが最大25倍と大きい

レバレッジ取引が国内最大の25倍なので取引する場合はよく練習してから注意してしましょう。

ビットポイントはfxできるデモアプリもあるので使ってみるといいかもしれません。

注意

2019年2月上旬にレバレッジは25倍から4倍へと引き下げられる予定です。

参考 最大レバレッジ引き下げのお知らせ(25倍から4倍へ)BITPoint

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)のデモトレードアプリ4選|初心者やFXしたい人はデモで自信をつけろ!

BITPoint(ビットポイント)の登録方法

BITPOINTへの登録手順(所要時間:約10分)

STEP.1
公式ホームページに行く

まずは、BITPOINTの公式ホームページへ行きましょう。

STEP.2
いますぐ口座開設をクリック

口座を開設をするのは無料ですし、口座の維持費も特にかかりません。

bitpoint1

STEP.3
個人のお客様「お申込み」をクリック

bitpoint2

STEP.4
約款等の確認

すべて「はい」を選択して次にすすみます。

bitpoint3

STEP.5
お客者様情報を入力

bitpoint4

STEP.5
本人確認書類をアップロード

bitpoint5

STEP.5
申込完了

これで申し込み完了です。

10分もあればできるのでやってみてください。

この後ハガキが届いて、ログインすれば仮想通貨の売買を楽しむ事が出来ます。

bitpoint6

BITPoint(ビットポイント)の取引方法

取引画面

bitpoint7

ビットポイントの取引画面は上のようになっています。

取引画面は左から順番に「注文」「板」「チャート」の順番に並んでいます。

ビットポイントでは注文の仕方が「シングル」「ストリーミング」「逆指値」とあるので順番に説明していきますね。

「シングル」で買い注文をだす

シングルの注文画面

シングル

  1. 「シングル」をクリック
  2. 「買」をクリック
  3. +の数量を押せば数量が自動で増える。-はその逆に減る。数量を直接入力することもできる
  4. 「成行」か「指値」を選択
  5. 口座を開設するときに設定した数字を入力
  6. チェックマークを付けると注文内容確認画面が表示されない
  7. 「注文をクリック」

シングルは最も基本的な注文の仕方でほとんどここしか使わないと思います。

「ストリーミング」で買い注文をだす

ストリーミングの注文画面

ストリーミング

  1. 「ストリーミング」をクリック
  2. +の数量を押せば数量が自動で増える。-はその逆に減る。数量を直接入力することもできる
  3. 「成行」か「指値」を選択
  4. 口座を開設するときに設定した数字を入力
  5. 「買」のレートをクリック

ストリーミング注文と成行注文の違いについて説明しておきます。

例えば、注文画面で注文するときは1BTC=100万だったのが、相場の変動が激しく注文が通った時は1BTC=102万だったとします。

成行注文だと1BTC=102万円で注文が通りますが、ストリーミング注文では「注文時のレート以外で約定しない」のでこの場合注文は約定することはありません。

あまり使うことはないかもしれませんが覚えておけば何かの時に役に立つかもしれませんね。

「逆指値」で買い注文をだす

逆指値の注文画面

ストリーミング

  1. 「逆指値」をクリック
  2. 「買」をクリック
  3. +の数量を押せば数量が自動で増える。-はその逆に減る。数量を直接入力することもできる
  4. 「逆指値条件価格」を入力
  5. 口座を開設するときに設定した数字を入力
  6. 「注文をクリック」

逆指値を使うときは、例えば最近ビットコインが80万円代で最近推移していたとします。

でも、100万円を超えれば一気に価格が上がりそうだと思った時は、「逆指値条件価格」に100万と入力しておきます。

そうすると、100万を超えた場合に自動的に注文が通るという仕組みです。

逆指値はある価格以上にあがったら買いたいとき又はある価格以上に下がったら売りたいときに使いましょう。

相場が不安定でいつ暴落するかわからないのにお風呂に入ったり、ちょっと用事がある場合に使いましょう。

まとめ

ビットポイントは手数料が安く、取引手数料及び日本円の入出金は無料となっています(振り込み手数料は除く)。

また、親会社が上場企業なので安心感もあります。

あまり使っている人はいないかもしれませんが信頼できる取引所ですので使ってみる価値はあると思います。