邪魔な広告をブロックできる次世代ブラウザBraveの評判や設定方法を紹介

brave

インターネットを検索するときに使うブラウザはChromeかSafariを使っている人がほとんどだと思いますが、Braveという検索ブラウザを使ってみるのはどうですか?

Braveを使う第一の利点は広告をブロックしてくれるのでデータ容量を節約してくれる点です。

私も最近月末になると「データ容量を超えてしまったので今から低速になります。」という悲しいお知らせが来てしまってそれからは検索も遅くて使えないという状態になっています。

そんな人はBraveを使ってみてはどうでしょうか?

広告をブロックしてデータ容量を制限してくれるだけでなくChromeとは違う様々なメリットがありますよ!

日本でも人気らしくアンドロイドのアプリランキングもLINEについで2位になっています。

参考 アプリランキングで日本2位に【ニュース】コインテレグラフ

では、みんなの評判を最初にみていきましょう。

Braveの評価

Braveの評価
  • 通信料が節約できるので格安SIMの人におすすめ
  • 動作が軽い
  • youtubeの宣伝を飛ばせる

Braveブラウザいいですよね。

通信量節約できるので格安SIMの方とかおすすめです。

>おおっ!BraveブラウザがFirefoxやChrome超え!!!

普通にサクサク動くし、拡張機能とか超こだわる人じゃなければ使わない理由もそんなにない

_人人人人人人人人人人人人人_
> まだBraveじゃないの? <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ってな感じで、どんどん浸透するといいな

そういえば、Braveってブラウザを使えば、YouTubeの広告を飛ばせる(?)らしい。

そもそもワタシ課金してるからどんな風になるのかわからないけど。

広告収入の代わりにビットコインで投げ銭出来るから、広告カット出来るってね。
ふーん

Braveのメリット

動作が早い

遅いブラウザって使っていてイライラしますよね。

Braveの利点は動作が軽いことにあります。

公式ホームページではChromeと比べて2~8倍速いと書いてあります。

体感的には若干Chromeより早いと感じるくらいで劇的に早いというわけでもないです。

自動で広告をブロックしてくれる

Chromeでyahooを見た場合

ネットサーフィンをしているとよく出てくるのが広告バナーですよね。

Braveではこのような広告を自動でブロックしてくれるので快適にネットをすることができます。

Youtubeの広告もブロックしてくれるので見たい動画が始まるときに5秒くらい広告を見せられることもありません。

子供は広告だとわからずに押してしまうこともあると思うので子供が使う場合にもいいかもしれません。

広告をブロックしてくれると画面がすっきりして快適なほかに、データ容量を節約することができるのでスマホでネットサーフィンをよくする人には特におすすめのブラウザです。

ネットするだけでBATトークンがもらえる


Braveでは広告をブロックしてくれますが、Braveから提供される広告を見ることでBATトークンをもらうことができます。

BATトークンをもらうことで気に入ったウェブサービスに投げ銭もすることができます。

1回広告をみることで0.05BATほどがもらえるそうですので約1円ぐらいがもらえる計算になります。

Braveブラウザを使えばお金がザクザク儲かるということはなさそうですが、投げ銭をしたりしてトークンを実際に使う楽しみは得られそうですね。

ただし日本では現在対応していませんので注意してください。

投げ銭ができる

Braveではサイトの滞在時間などから自動でコンテンツ制作者に投げ銭することができます。

ウェブサイト等のコンテンツ制作者はGoogleの公告などを貼ることで収入を得ていますが、Braveブラウザでは投げ銭によって収入を得ることができます。

投げ銭の設定方法は以下の通りです。

自動投げ銭の設定

brave

Braveをインストールできたら画面上のURLを入力するところにマークがあるのでクリックします。

そして、[Rewards]設定を選択

brave

Brave Rewardsをオン、自動寄付をオンにすればコンテンツ制作者に自動で寄付することができます。

Braveの設定方法(ダウンロードから日本語化まで)

スマホのアプリを使うときは特に設定が必要ありませんが、PCで使うときは設定が必要になるのでPCで使う場合を説明していきます。

ブラウザのインストールから設定画面を日本語にするところまでを見てきましょう。

設定画面を日本語にできれば後は自分で設定を変更できると思います。

基本的にはデフォルトのまま使っても特に問題はありません。

※画像はクリックすると拡大表示されます。

STEP.1
ダウンロード画面へ
まずは、ブラウザを立ち上げるためのファイルをダウンロードします。

 

STEP.2
ダウンロードをクリック

brave

ダウンロードをクリックするとファイルのダウンロードが始まりますので解凍して起動させてください

STEP.3
イントロダクション

brave

起動させるとこのような画面になるので「Let’s go」をクリックします。

STEP.4
お気に入りの追加

brave

進めていくとお気に入りの追加画面になるので自分の入れたいお気に入りを選択して「import」をクリックします。

STEP.5
言語を変更

brave

お気に入りの追加が終わったら設定画面になるので画面左にある「Languages」を選択して日本語に設定しなおします。

STEP.5
日本語に設定

brave

Japaneseを選択して「Relaunch」をクリックすれば日本語化できます。

Japaneseがない場合は赤字の「Add languages」を選択し「Japanese」を追加しましょう。