コインチェックに上場したステラの特徴と将来性

コインチェックとマクロミルが連携!アンケートに答えて仮想通貨をもらえるマクロミルの評判と稼げるかを紹介

makuromiru&coincheck

仮想通貨取引所大手のコインチェックとポイントアンケートサイト大手の「マクロミル
」が連携して、マクロミルで貯めたポイントを仮想通貨にも交換できるようになりました。

マクロミルは主婦層が多く、20代、30代の利用が多い仮想通貨とは少し違う層の流入が期待されています。

なぐ

この記事を読めばマクロミルを知らない仮想通貨投資家にはマクロミルってどんなサイトなのか知ってもらえると思います。

また、マクロミルを利用している人の中で仮想通貨について詳しくない人も多いと思うのでそういう人には仮想通貨のことを知ってもらうきっかけになればと思います。

コインチェックと連携キャンペーン中!

マクロミルに無料登録する

すき間の時間で小遣い稼ぎ

マクロミルってどんな会社

株式会社マクロミルの概要

  • 株式会社マクロミル
  • 設立  2000年1月31日
  • 従業員数 2,463人
  • 連結売上収益 442億円
  • 東京証券取引所市場第一部(証券コード:3978)
  • 企業や自治体、研究所からのアンケートに答えてポイントをもらうサイト
  • ネットリサーチ実績NO.1 世界13ヶ国以上に拠点
  • 会員数230万人

マクロミルはポイントアンケートサイト業界大手で東証一部にも上場している大きな企業です。

設立は2000年と新しいですが、会員数230万を誇り海外事業も展開している立派な企業です。

マクロミルの評判

マクロミルはツイッターなどを見る限り評判は悪くないみたいですが、アンケートサイトということもあり「車は何を乗っていますか?」とか「子供は何歳ですか?」とか細かい個人情報をいっぱい聞いてきます。

すき間時間を使ってお小遣いを稼げる反面、個人情報を企業に知られるというリスクがありますね。

マクロミルでは個人情報を悪用された!とかという事例はないため安心できると思いますが、情報流出事件が多い昨今絶対ということはないのかなとも思います。

マクロミルのいい評判
  • アプリを使って隙間時間に稼げる
  • ポイントアンケートサイトとしては最も稼げる
  • アンケート数が多い
  • ポイントの交換先が多い
  • 業界最大手
マクロミルの悪い評判
  • 最初に登録する情報が多い
  • 同業の「アンとケイト」で個人情報が流出したことがある

いい評判

 

 

 

悪い評判

マクロミルの使い方とアンケートの種類

マクロミルでは自分のアカウントに届いたアンケートに答えることでポイントがもらえます。

マクロミルでアカウントを作ると事前アンケートが1日に10通ぐらい届きます。

事前アンケートはでは2~5ポイントぐらいしかもらえないので全くお金になりませんが、事前アンケートに丁寧に回答することで獲得できるポイント数が多い「本アンケート」や「商品評価モニター」など他のアンケートがくるようになります。

ポイントを効率的に稼ぐコツは事前アンケートに丁寧に答えて、たまにくる本アンケートを逃さないようにすることです。

アンケートのデモ画面はこちら

事前アンケート

本アンケートの前に行われるアンケートで10問くらいで2~5ポイントをもらえる。

事前アンケートに答えることで本アンケートや商品評価モニターが来るようになるので丁寧に答えることが大事。

本アンケート

質問数は多いが200ポイント以上を稼げるアンケート。

アンケートは早いもの勝ちなので注意が必要。

商品評価モニター

企業が実際に開発した商品が送られてきてそれに対して回答を送る形式のアンケートです。

1000ポイント以上がもらえるのでぜひ回答したいアンケートです。

インタビュー・座談会

実際に行って話をする手間はあるが、報酬は高く1件1万円もあります。

ポイントの交換先

マクロミルではアンケートに答えてもらったポイントをいろんなものに交換できます。

交換する際の条件は以下の通りです。

  • ポイント=1円
  • 初回交換は300ポイントから、2回目以降は500ポイントから交換できる
  • 交換手数料は無料(振込手数料はマクロミルが負担してくれる)

マクロミルでは商品や銀行振り込み、Amazonギフト、仮想通貨など色々なものに交換可能となっています。

今回コインチェックとの連携により仮想通貨に交換することができるようになりました。

ハイリスクハイリターンの仮想通貨ですが、うまく運用すればポイントで稼いだお金をさらに増やすことも可能ですので挑戦してみてください!

コインチェックと連携キャンペーン中

coincheck_cp2

引用:マクロミル公式HP

マクロミルではコインチェックとの連携記念キャンペーンを実施中です。

コインチェックの口座を持っていない人はコインチェックの口座を作ってマクロミルと連携することでビットコインをもらうことができます。

また、コインチェックの口座を持っている人はマクロミルの口座を作って連携することでポイントをもらうことができます。

コインチェック口座及びマクロミル口座を作るのに費用はかからないのでキャンペーンに興味がある人は作っておきましょう。

参考 コインチェック連携記念キャンペーンマクロミル

マクロミルのポイントと交換できる仮想通貨の特徴

マクロミルで交換できる仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、リップルの3つとなっています。

マクロミル利用者の中には仮想通貨に詳しくない人も多いと思うのでそれぞれの特徴をみていきましょう。

BITCOIN(ビットコイン)/BTC

ビットコイン


仮想通貨と言えばビットコインですよね。ほかの仮想通貨は知らないという人も多いと思います。

ビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る謎の人物が作った仮想通貨で個人間で気軽に送金することを目的として作られました。

2000種類近くある仮想通貨の中で最も有名であり、最も実際に使用されているものとなります。

ビットコインの終わりは仮想通貨全体の終わりを意味するため、仮想通貨に投資したいけどどれがいいのかよくわからないという人はとりあえずビットコインを持っておけば手堅いと思います。

ビットコインは時価総額が1位で最も利用されている機軸通貨なので変な通貨に投資するぐらいならビットコインをおすすめしたいですね。

投資対象としては仮想通貨の中では一番ローリスク・ローリターンだと思います。

私もリップルの次に保有しています。

Ethereum(イーサリアム)/ETH


ヴィタリック・ブテリンというまだ25歳の天才により作られた仮想通貨。

スマートコントラクトという機能を有し、人の手を介することなく契約を自動で執行することができるのが特徴です。

イーサリアムのプラットフォームはこのスマートコントラクトの機能を利用して分散型アプリケーション(DApps)を構築することができる。

イーサリアムはプラットフォーム系の仮想通貨であり、仮想通貨界では広く普及しているので他の通貨に比べて通貨そのものがなくなってしまう可能性が低いため、ビットコインの次に手堅い投資対象と思われます。


Ripple(リップル)/XRP


リップルの目指すものは国際送金の低コスト化・迅速化であり現在の国際送金システムSWIFTにとってかわるかもしれないと言われています。

リップルの通貨としての役割は通貨と通貨をつなぐブリッジ通貨となっています。

GoogleやSBIの出資、三菱UFJ銀行との協力関係など、海外及び国内の銀行とも提携しており国際送金に変革をもたらしてくれるかもしれない存在です。

リップルが好きな人を日本ではリップラーといい仮想通貨の中でも大変人気の高い通貨です。

ビットコインやイーサリアムに比べるとやや投資リスクの高い、ハイリスク・ハイリターンの投資商品と言えます。


アプリを使って通勤時間やすき間の時間に稼ごう

マクロミル

アンケートアプリbyマクロミル

アンケートアプリbyマクロミル
開発元:MACROMILL, INC.
無料
posted withアプリーチ

マクロミルに登録したならアプリは必ずダウンロードしておきましょう。

すき間時間を有効に使うならスマホはかかせません。

マクロミルではPCでしか回答できないアンケートも来ますが、ほとんどはスマホから回答することが可能です。

アプリを使って通勤電車で座りながらとか寝る前のちょっとの時間などを有効活用しましょう。

マクロミルは儲かるのか?みんなの収入を徹底調査

みんなのツイッターを見てみると月数千円ぐらいは稼げるようですね。

月数千円しか稼げないのかとがっかりする人もいるかもしれませんが隙間時間を有効に使えるし、月数千円あれば年間にすると数万円になるのでけっこう違ってきます。

増税で収入が減る分くらいは取り返せるかもしれません。

 

私が実際に1ヶ月だけやってみた感触ですが、稼げるのは月4~500円ぐらいだと思います。

商品モニターや座談会などに行けばもっと稼げると思いますが、片手間でアンケートに答えているぐらいではそんなんい稼げない印象でした。

 

 

 

 

 

コインチェックと連携キャンペーン中!

マクロミルに無料登録する

すき間の時間で小遣い稼ぎ