人気NO.1!GMOコインのメリット・デメリットと口座開設・新規登録方法を紹介



gmoコイン

GMOコインは仮想通貨交換業者関東財務局第0006番に登録されている仮想通貨事業者です。

GMOグループはインターネットを中心に金融分野など色々な分野で事業しておりFXの世界においても有名で、取引高は世界一となっています。

なぐ

GMOコインはFXにおいて培った金融へのノウハウを持っていているので会社やセキュリティへの信頼性が高く今一番人気の取引所になってるよ!

 

\ 無料口座開設でもれなくビットコイン20,000Sathoshiがもらえる /

GMOコインの公式ホームページへ

GMOコインに無料登録

GMOコインのサービス内容

取り扱い通貨数5種類
対応言語日本語
登録に当たって必要なものメールアドレス及び運転免許証などの本人確認書類
取引の種類現物取引、レバレッジ取引(ビットコインは10倍、アルトコインは5倍)
取引手数料【現物取引】
  • Maker:0%
  • Taker:0%

【レバレッジ取引】

  • 注文手数料:無料
  • レバレッジ手数料:評価レート × 建玉数量 × 0.04% / 日
  • ロスカット手数料:建玉レート × 建玉数量 × 0.5% / 回
  • 現引/現渡し手数料:建玉レート × 建玉数量 × 20% / 回
仮想通貨及び日本円の入出金手数料無料
アプリアプリは2種類あるよ。

GMOコイン仮想通貨ウォレットは仮想通貨以外のほぼすべての機能が入っている。

ビットレ君はFX専用でスピード注文やテクニカル指標が使える。

ソーシャル公式ツイッター

公式ホームページ

なぐ

FX専用アプリ「ビットレ君」は使いやすいと評判だよ。

GMOコインの取り扱い通貨

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

取り扱い通貨は5種類になっています。
取り扱い通貨はやや少ないですが、すべてのコインについて現物取引とレバレッジ取引の両方ができます。

GMOコインのメリット

なぐ

GMOコインのメリットは実際使用しているユーザーへのアンケートをもとに紹介していくよ。

会社とセキュリティへの信頼性が高い

GMOはFXにおいて取引高世界一になるなど金融のノウハウを持っているため、会社やセキュリティに対する信頼度は高くなっています。

GMOコインが1万人のユーザーに行ったアンケートでもGMOを選ぶ理由に会社の信頼性を上げる人が約7割、セキュリティの信頼性をあげる人が約4割と金融業者大手として信頼されていることがみてとれます。

参考 仮想通貨アンケートGMOコイン

顧客満足度が高い

先程のアンケートのなかでサービス満足度についても調査しており、満足している割合は約5割となっており、不満な人はわずか1割となっています。

ほとんどの人が満足又は普通と回答していますね。

顧客満足度が高いことから、親しい友人にオススメしたいか?とのアンケートで65%の人がGMOコインをおすすめすると言っています。

取引所形式でも売買できるようになった

GMOコインでは今まで販売所形式の取引しかなかったため現物取引をする人にはあまりおすすめできない取引所でしたが、取引所形式でも売買できるようになったため現物取引をしたい人にもおすすめできます。

なぐ

仮想通貨を同じ枚数購入するなら取引所形式のほうが安く買えるよ。

販売所と取引所の違いを知りたい人は↓の記事を参考にして下さい。

販売所と取引所の違いに悩む人 販売所と取引所の違いって何?損をしないためにも絶対知っておこう!

FX専用アプリ「ビットレ君」が使いやすい

ビットレ君はFX専用のアプリですが、このアプリは使いやすいと評判です。

このアプリでは一目均衡表や移動平均線、RSIなどの各種テクニカル指標が使えるので本格的にFX取引したい人にうってつけのアプリです。

FXは倍率10倍で追い証なし

GMOコインではビットコインはレバレッジ10倍、アルトコインはレバレッジ5倍となっています。

DMMはレバレッジ4倍ですから高倍率で取引したい人はGMOコインがおすすめです。

GMOコインのデメリット

GMOコインのデメリットは今はほとんどないと思います。

以前はよく以下の二つがデメリットとしてあげられていました。

  1. 販売所形式なのでスプレッドが広い
  2. 買い規制、売り規制が入る

この二つのデメリットも今では解消されているので一つずつ理由をみていきましょう。

GMOコインのデメリットとして販売所形式なのでスプレッドが広いというのがありました。

スプレッドというのは買い価格と売り価格の差額のことをいいます。

例えば買い価格が1200円で売り価格が1000円の場合、買い価格の1200円で購入したとすると売り価格が1000円から1200円にまで値上がりを待ってから売却しなくては利益がでなくなります。

スプレッドが広ければ広いほどユーザーにとって不利になりますが、このスプレッドが問題になるのは販売所形式の場合だけです。

GMOコインでは取引所形式で売買できるようになったので、ユーザー同士で自由に売買でき今はスプレッドの開きを気にする必要はないと思います。

また、買い規制、売り規制が入ることは相場が低迷している最近ではほとんどされていないと思います。

GMOコインの口座開設方法

なぐ

口座開設方法は簡単だけど画像を見ながらしたほうが安心だよ。
STEP.1
公式ホームページに行く

まずは、GMOコインの公式ホームページへ行きましょう。

\ 無料口座開設でもれなくビットコイン20,000Sathoshiがもらえる /

GMOコインの公式ホームページへ

STEP.2
メールアドレスを入力

STEP.3

STEP.4
登録確認メールの確認

STEP.5
パスワードの設定

パスワードは使いまわしせず取引所ごとにわけて使うようにしましょう。

「Password 3 Lite」というアプリを使うと自動でパスワードを生成してくれます。

STEP.6
電話番号の入力

STEP.7
SMS認証設定

STEP.8
SMS認証

スマホに送られてきた6桁の認証コードを入力します。

STEP.9
認証完了

STEP.10
口座開設の申し込み

STEP.11
規約に同意

STEP.12
本人確認書類のアップロード

STEP.13
ただいま審査中になればOK!

STEP.14
口座認証コードの入力

2~3日ぐらいするとGMOコインから口座認証コードの書かれた郵便物が書留で届きます。

その郵便物に書かれている口座認証コードを入力すれば口座開設完了です!