バイナンスでレバレッジ取引(FX)がもうすぐ始まる予定。取り扱い予定通貨についても紹介



binance-fx

バイナンスは数多くのアルトコインを取り扱うほかに、上場コインを投票で決めたりとユニークなサービスで世界一の取引所になりました。

しかし、意外なことにバイナンスではレバレッジ取引ができませんでした。

しかし、近々バイナンスもレバレッジ取引に対応するとのことなので情報をまとめておきます。

バイナンス 【評判】バイナンスのメリットやデメリットなどの特徴・口コミを徹底解説!

レバレッジ取引ってなに?

レバレッジ取引

レバレッジ取引について簡単に説明しておきます。

レバレッジ取引のレバレッジとは「てこの原理」のことです。少しの力で大きな物を動かせるというやつですよね。

金融におけるレバレッジとは「少しのお金で多くの物を買えること」を意味します。

上の図で説明すると、現物取引の場合100万円で1BTCを購入して、ビットコインが110万円に値上がりし、売却すると10万円の利益になります。

これは簡単ですよね。

次に10倍のレバレッジ取引の場合は100万円を証拠金として入れると10倍の物が買えてしまいます。ここでは10BTC購入することができます。

そして、ビットコインが110万円に値上がりして売却すると100万円の利益になります。

10倍のレバレッジ取引をしたことによって、利益も10倍になりました。

ですので、レバレッジ取引は儲かるときはたくさん儲けることができます。

一方、取引に失敗した場合には損も10倍になるので気をつける必要があります。

バイナンスのレバレッジ取引(fx)の噂について

バイナンスのホワイトペーパーには現物取引、レバレッジ取引、先物と順次導入していくことが公表されていましたが、最近バイナンスのAPIの変更でレバレッジ取引のAPIが有効に変更されました。

それを受けてバイナンスでもレバレッジ取引が導入されるのではないかとの憶測が広がっていました。

バイナンスCEOのCZ氏がなんでも質問に答えるAMAというセッションで噂は本当だと認めました。

レバレッジの倍率や追証なしなのかなど詳細はまだわかりませんが、すでに内部での検証は終わっていて一般向けにも近々公開される予定です。

バイナンスのレバレッジ取引(fx)の取り扱い予定銘柄

APIによると以下の9種類が予定されているようです。

APIが有効に変更されていた通貨ペア
  1. BTC-USDT
  2. BNB-BTC
  3. BNB-USDT
  4. ETH-BTC
  5. ETH-USDT
  6. TRX-BTC
  7. TRX-USDT
  8. XRP-BTC
  9. XRP-USDT

バイナンスのレバレッジ取引(fx)の評判


バイナンスへの期待がわかりますね。

レバレッジ取引が始まったら、現物だけでなくレバレッジ取引でももっと大きな取引所になりそうです。

バイナンスが仮想通貨界で持つ影響力がさらに増すことになりいいことなのか悪いことなのか微妙ですが1ユーザーとして期待しておこうと思います。

\ おすすめ海外取引所 /

バイナンスの公式サイトへ