初心者必見!すぐわかる仮想通貨の始め方

日本の上場企業初!100億円を投資しGMOがビットコインのマイニング事業に参入。

eyecatch

GMOlogo

9月7日GMOが日本の上場企業としては初めて仮想通貨のマイニング事業に参入すると発表しました。

マイニングって何?

ブロックチェーンとは今までビットコインを使って行われた取引が記録されたものですが、マイニングとはそのブロックチェーンの最後尾に新しいブロック(取引記録の塊)をはめ込むためのキーを見つける作業です。

ブロックチェーンに新たなブロックを追加するには「直前のブロックのハッシュ値+今回のブロックに含まれる全取引データ+任意の文字列(ノンス値)」を64ケタのハッシュ値に置き換えた上でその最初の16ないし17ケタがすべて0になるようなノンス値を見つける必要があります。

そしてそのようなノンス値を見つけてブロックを追加できた人には報酬がもらえます。マイナーはこの報酬を売るために工場を作り、莫大な設備投資を行っています。

マイナーの大手BITMAINの工場

jihan
最近なにかと仕掛けてくるマイナー(マイニングしている人達のこと)の大手BITMAINのジーハンさんの工場はこんな感じです。bitmain-firm

20170824-3
マイニングするには多数のパソコンで計算を行う必要があるため主要なマイナーは電気代の安い中国に固まっている状況です。

GMO+マイニング

事業概要

【新たな事業の概要】
■次世代マイニングセンターの運営(2018年上半期)
 仮想通貨(ビットコイン)のマイニング事業を行うためには、高度かつ膨大な計算処理が可能なコンピューターと、その稼働と冷却を行うための安定した電力の確保が必要となります。マイニングを行う高性能のコンピューター(マイニングボード)を実現するため、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究開発を行います。電力供給の面では、再生可能エネルギーの豊富な北欧に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力を調達することで、コストを抑えた施設の運営を可能にします。

<「次世代マイニングセンター」(構想)>
ハードウェア
(概算)
単体スペック    :計算性能 10TH/s
           消費電力 500W以下
投入マイニングチップ:50,000チップから段階的に増強
計算総パワー    :500PH/s
設備ラック、冷房、配電、消防、セキュリティ
電力再生可能エネルギー(地熱、水力)

hashrate
計算総パワーが500PH/sなので直近30日のhashrateから見るとシェアは5~6%程度を採る感じになるかもしれません。


9月13日(水)に事業説明会があったらしくこの方が詳しくレポートされてました。もっと詳細に知りたい方はみてみてね。

記事もでてますね。
GMOのマイニング事業参画、その理由と意義は
半導体からデータセンターまで、GMOがビットコイン採掘に100億円投資

今後の事業展開

■今後の展開(時期未定)

(1) クラウドマイニング事業  個人や事業者の方が手軽にマイニングに参入していただけるサービスです。  「次世代マイニングセンター」の設備資金をユーザーから調達するとともに、その収益を配分するクラウドマイニングサービスを提供する予定です。マイニングを行うための設備投資・運用が難しい個人や事業者でも、小額を投資していただくことで、「次世代マイニングセンター」がマイニングに成功して報酬のビットコインを得られた場合、参画していただいているユーザーへ分配いたします。

(2) 次世代マイニングボードの販売  マイニングチップを搭載したマイニングボードは製造後、「次世代マイニングセンター」で使用するだけでなく、一部外部への販売を行うことを検討しております。

(3) GMOコイン株式会社への仮想通貨供給  当社連結グループ会社であるGMOコイン株式会社(仮想通貨交換業登録申請中)に対し、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を供給する予定です。これにより、GMOインターネットグループとして、仮想通貨市場の多様性やリクイディティ向上に貢献をしてまいります。

次世代マイニングボードの販売とか技術的なことは詳しくないのでよくわからないですがクラウドマイニング事業は楽しみですね。

個人では難しくなってしまったマイニングをできるというのは楽しそうです。リスクなしで少額でもいいから資産が増えるのならちょっとしてみたいです。

GMOコイン

通貨販売所取引所
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCC)
ライトコイン(LTC)

GMOコインの公式HPへ

GMOは連結グループにGMOコインを持っているので今回のマイニングへの参戦はGMOコイン取引所を安定して運営していきたいとの意図があると思われます。

熊谷社長がおもしろい

熊谷社長もブログで新しい事業に取り組む姿勢を発表されています。

新しい事業にチャレンジすることにしました。

2ヶ月間の入院の間に勉強して、新しい事業へ挑戦していく姿勢はさすが熊谷社長ですね。

僕は昔から熊谷社長にちょっと注目していて社長の本を買って読んだこともありました。

熊谷社長は手帳が有名ですよね。




下の画像で鞄みたいに見える茶色いのが手帳なんですけどこの手帳に目標の到達から逆算した予定をずっと書いて日々その予定をこなしていくスタイルをとっている人なんです。

経歴もおもしろく高校中退が最終学歴で釘師をしていたこともあり中々異色の人ですが、とても礼儀正しく名刺をもらったときに「○○さんですね。よろしくお願い致します」と相手の名前を必ず言うようにしているとか1代で上場企業を複数作るような人は違うなぁ~見習わないとなと思わされます。

詳しいことは一冊の手帳で夢は必ずかなうで書いてあったので読んでみてください。
DMA-_J6A28811

仮想通貨は非中央集権の通貨とか言われてますが、8月の分裂問題で中国の主要マイナーによる中央集権的なドタバタがあったので中国1強を阻止し、日本もがんばって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です