bitFlyerにLISKが上場して60%以上爆上げしていますね。

coincheck問題やテザー疑惑など暗い話が多かった中で明るい話題と言えます。

1

そして、安定のサーバー落ちここまでセットですねw

今回bitFlyerに上場したのはLISKだったわけですが、加納社長が1月中に上場させる通貨があるよと言っていたことで色々憶測が飛んでいましたよね。

加納社長が国内の規制に合わせてしていくと言っていたのでホワイトリスト入りしている通貨から上場するのではといった憶測が強かったです。NEMとか押している人強かったですね。

2

加納社長の発言の根拠はおそらく↑だと思います。

『国によって規制が違うので、結局その国に合わせたものしか提供できない』と言ってますが、思いっきり無視してますねw今回の上場でLISKもホワイトリストに入るってことでしょうか??

もうひとつ今回の上場に当たって言われていたのがLISKの公式が漏らしてた疑惑ですね。その根拠がこれ↓


LISKを日本の取引所に売り込んでるけど、詳細はまだ言えないよ!と言っているツイートなので漏らしているとまでは言えないような気がしますが。。。どうなんでしょう。


coincheck盗難事件でアルトコインはめっちゃ儲かるというのがバレてしまったので、今後どの取引所もアルトコインを充実させていく傾向にありそうです。基本的に取引所はどこも一緒なので扱うアルトコインによって差別化を図るんでしょうね。

binanceや海外の取引所はアルトコインを豊富に取り扱っているので、国内の取引所でもアルトコインをたくさん扱ってくれると投資するほうとしては嬉しい限りです。

今後は、日本の取引所に上場しそうなアルトコインに目をつけて投資していくといいかもしれません。そういえば、ALISも2018年度中に国内取引所への上場を目指すと言っていたような。。。(ポジトークですみません(●´ω`●))


sponsored link