仮想通貨市場で噂されていることってありますよね。「週末は相場が弱く月曜日は上げる」これって本当なの??週末は銀行から入金ができず、月曜日に着金するためこのように言われているそうです。けっこう有名な仮想通貨プレイヤーの人も言ってるので見たことある人も多いと思います。今回はこれが本当か検証してみました。
前提
過去1年間、曜日毎に前日比で上昇・下落・横ばいした数を数えてみました。
対象コインはBTC・ETH・Ripple・NEMです。
価格はCryptoCurrency Market Capitalizationsからとりました。
青色部分が他の曜日と比べて目立って上がっているところ。
赤色部分が他の曜日と比べて目立って下がっているところ。
BTC
btc
BTCは月曜日、火曜日、土曜日に値上がりすることが多く、日曜日はやや下落することが多い事がわかります。

ETH
eth
次にETHは火曜日と木曜日に前日比で値上がりすることが多く、BTCと同じで特に日曜日に前日比で下がるのが多いことが分かります。

Ripple
無題
次にRippleは木曜日に前日比で値上がりすることが多く、火曜日は他の曜日に比べて前日比で下がることが多いことが分かります。

NEM
ripple
nemは土曜日に上げることが多く、日曜日は前日比で下げることが多いです。

総合
sougou
BTC・ETH・Ripple・NEMのすべてを集計したのが上記です。木曜日と土曜日は前日比で上げることが、多く日曜日は前日比で下げることが多いようです。

結論
週末は相場が弱く、月曜日はあげることは多いは本当か?という噂を検証してみましたが、結論は週末、特に日曜日は相場が弱いことが多いが、月曜日は上がることが多いとは言えないという結果になりました。
仕込むなら日曜日ということですね。まぁ、今みたいに全体的に上がる相場なら曜日も関係ないですけどね。
sponsored link