不動産鑑定と圧力のテーマでこの前yahooニュースに出ていましたね。びっくりしました。不動産鑑定士が注目されるなんて!

上のようなtweetがありましたが、二束三文の土地を高い土地として評価するよう依頼されて自治体が公共用地として購入するなんて、あるのでしょうか?

普通の鑑定士はしないと思います。そんなことを依頼されて鑑定書を書いて報酬をもらっても最高数百万円ですよ!もし、その評価書が問題視されて不動産鑑定士の免許を取られると思ったら普通はそんな危険は橋は渡りません。

基本的に不動産鑑定に主観は少なくしないといけないと思います。鑑定評価書の説得力の根源は客観性であり、論理性です。二束三文の土地を高く評価できるなんて普通はできません。危ないのは宅地見込地とかですかね。依頼者の言うことを信頼して絵を書くと危ないです。役所調査はとても大切です!見落とすと危険です。家が建つ建たないでは全然違いますからね。そのへんは役所でしっかり聞きましょう。



 


sponsored link